まさかの復活劇!

さまぁ~ず・三村マサカズ、堺正章……ヒロミの“和解”にテレビ番組がノリ気なワケ

hiromi_jiyujin.jpg
ヒロミオフィシャルブログより

 堺正章との、かつての“不仲説”を一蹴して以降、バラエティ番組の常連になったヒロミ。4月からはテレビ朝日系でスタートするトークバラエティ『美女たちの日曜日』でMCを務めることも発表されているが、この快進撃の理由は何なのだろうか?

「先日3日に放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では、共演NG状態だったさまぁ~ず・三村マサカズとも“和解”する様子が放送されました。当時三村は、ヒロミから厳しいダメ出しを連発され、その後共演NGを出すようにしたそうです。昨年3月の『笑っていいとも!』(フジテレビ系)最終回で仲直りを報告していた両者ですが、『ロンハー』でヒロミは『俺のやり方はちょっと違ったんだろうな』と三村に対して謝罪しています」(芸能ライター)

 この番組に限らず、近頃のヒロミは「丸くなった」という触れ込みで、各バラエティに引っ張りだこ状態。「かつては横暴なイメージだったが、大人になった」と、視聴者の好感度にも上がっているようだ。一時期は堺の確執から、芸能界から“追放”されたとも言われ、ヒロミ自身は「(共演番組だった)『発掘!あるある大事典』(同)が終了したタイミングで、たまたま仕事が減ったから」としていたが……。

「ヒロミが“干された”原因は、共演者から嫌われたからじゃないんです。実際にヒロミを嫌っていたのは、番組制作に携わっている局のスタッフですよ。当時はディレクター以上のベテランからは可愛がられていたヒロミでしたが、一方でADなど下っ端のスタッフを自分の使いっ走りのように扱い続けてきた。『自分の番組では絶対にヒロミを使わない!』と心に誓っていたADたちが、ディレクタークラスに出世しだした時期から、次第にヒロミも起用されることがなくなっていったんです」(テレビ局関係者)

 芸能界では「下のスタッフにほど気を使え」という鉄則も存在するというが、それをを破ってしまったヒロミ。徐々に芸能界からフェードアウト、しばらくは実業家として裏方に回っていたものだが、その間テレビ業界ではさらなる世代交代を迎えた。

「ヒロミに恨みを持ち続けるスタッフがさらに昇進して、現場を離れつつある今だからこそ、かつての共演NGタレントとぶつけるという企画が若手スタッフから出るようになったんですよ。ヒロミもそれを理解しているのか、かつてのような横暴さは鳴りを潜めているようですからね。といっても先日はとある局のプロデューサーから『ちょっと当時に戻りつつあるかも……』という声も聞かれたので、安心することはできませんが」(同)

 新番組『美女たちの日曜日』は、『ワイドナショー』(フジテレビ系)、『サンデー・ジャポン』(TBS系)と話題の情報番組との真っ向勝負となる。ここで結果を出すことができれば、ヒロミの芸能生活も当面安泰というところだが、果たして――。

世間が一番見たい和解はしてくれないんでしょ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク