“逆襲”始まる!

ダルビッシュ有、ベッド写真流出!! 「山本聖子と二股」の女性が明かす“衝撃の夜の顔”

darubissyu.jpg
避妊はしないけど否認はする男?

 2月22日に元女子レスリング選手・山本聖子との間に子どもを授かったことを報告したばかりのテキサス・レンジャーズのダルビッシュ有。数々の浮名を流してきたプレイボーイとしても有名だが、そんなダルの“ベッド写真”が6日発売の「フライデー」(講談社)に掲載された。同誌によると、上半身裸のままで眠るダルの写真は、昨年11月に山本との交際が明らかになる直前まで「親密な関係にあった女性」が、1年程前に撮影したものだという。

 ダルビッシュは2007年にタレント・紗栄子と結婚して2児を授かるも、12年に離婚。昨年山本との交際を明かすまでには、プロゴルファー・古閑美保との交際やモデル・MALIAとの“密会”が報じられた。そして今回「フライデー」に流出した写真を撮影したユウカさん(仮名)は、ダルから「彼女たちとは何でもない」と伝えられたまま、関係を持ち続けていたという。そして、ダルビッシュが山本との交際発表から3カ月で「妊娠4カ月」を発表したのを機に、ユウカさんは「弄ばれていたこと」を悟り、ユウカさんの知人を通じてベッド写真を公表したという。

 ダルビッシュは1月31日発売のMALIA自叙伝『TRUE LOVE 3度目は3人子連れで年下婚!』(講談社)でも、明らかにダルビッシュとわかる内容で「Facebookのメッセージを通じてナンパされた」こと、さらには古閑と二股を掛けられていたことも暴露されている。

「山本の妊娠が明らかになって以降は、こうして遊んできた女性たちから次々に“逆襲”されているダルビッシュですが、公になっていない火遊びも存在します。その1人が声優の平野綾で、10年にTwitterを相互フォローしたことが話題になっていますが、その後両者はDMを交換してすぐに“密会”を果たしているそうです。SNSを使ったネット上のナンパという“手口”はMALIAとまったく同じものだけに、彼女たち以外にも“獲物”となった女性が存在していても不思議ではありません」(週刊誌記者)

 さらにダルビッシュがいまだ山本と入籍しないことに関しては、先日から各メディアで“300日問題”が取り沙汰されている。

「山本が元夫でハンドボール選手の永島英明と離婚したのは、昨年9月22日。出産が8月以降ならば問題ないが、もし出産が早まれば、法律上は元夫の子どもと認定されてしまいます。『入籍等はまだ未定』という発表をしなければならなかったのも、こうした法律の壁を乗り越えるための苦肉の策と見られています」(同)

 この“300日問題”さえも消し飛んでしまいそうなダルビッシュの“夜の顔”。紗栄子との離婚が成立して以降、ようやく明るい話題が訪れたばかりのダルビッシュとあって、これ以上の暴露や流出に見舞われてしまわないことを祈るばかりだ。

伝説の3P写真の足元にも及ばない衝撃度だったよ、海猿!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー