さよならの前に大騒動

加藤浩次、「俺も降りる!」とぶち切れ!? 『スッキリ!!』テリー伊藤降板が修羅場だった理由

itouterry.jpg
そんなに相思相愛だったっけ?

 日本テレビ系情報番組『スッキリ!!』の新司会者が、同局アナの上重聡に決定したと発表された。2006年の番組スタート時からタッグを組んでいた加藤浩次とテリー伊藤だったが、1月放送中にテリーが、自ら3月いっぱいでの“卒業”を発表。実はテリーの卒業をめぐっては、加藤がスタッフにぶち切れする一幕もあったという。

「実は、『スッキリ!!』の存続自体、昨年の時点で危うかったんです。結局、番組自体は継続することとなりましたが、今後は経費削減、さらに出演者の平均年齢をもう少し若返らせようと、大幅なテコ入れを見越しての継続となりました。だからテリーに関しては、事実上“クビ”だった(既報)といえます」(テレビ局関係者)

 3月での降板はテリーだけでなく、月曜コメンテーターを務める勝谷誠彦氏も同様に報じられており、「経費削減に加えて『問題児を減らしたい』という意向も働いているようです」(同)というが、今年初めにこうした人事を各出演者に伝えたところ、加藤が“爆発”してしまったようだ。

「説明を受けた加藤は、『聞いてないぞ!』とキレだしたそうです。結局は『テリー本人の意思のため』という形で落ち着きましたが、途中『だったら俺も降りる!』とまで言いだし、スタッフは加藤をなだめるのに相当苦労したそうです」(同)

 また上重アナの新司会者抜擢に関しては、「日テレ側の希望は『なるべく若く』『金が掛からない』『問題を起こさない人』で、最終的に上重アナが務めることになった」(芸能プロ関係者)という。

 一方で、加藤がぶち切れたのは、長年肩を並べた盟友が“クビ”にされたことへの義憤……というわけでもなさそうだ。

「一時期『スッキリ!!』での加藤の発言権はプロデューサーに並ぶほどで、番組自体が加藤に対して“右向け右”の状態になりつつあった。そのため、加藤の怒りの原因は、大規模な人事に自分が関われなかったからでしょう。内心、『俺を辞めさせるときは、こんなに簡単にはいかないぞ』という“けん制”の意味合いもあったのでは」(同)

 すったもんだのリニューアルを経た来月からの『スッキリ!!』は、果たして期待されるほどの視聴率を発揮できるのか、注目していきたい。
(須田恭也)

殺伐とした雰囲気に輝く『スッキリ!!』というタイトル

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと