大股開きから1年

香里奈、TGC登場も「痩せてオーラなし」! 「ニッセン」も降板でいよいよ窮地へ!?

2015tgc.jpg
「東京ガールズコレクション」オフィシャルサイトより

 近頃ではまったく姿を見なくなった香里奈。2月28日の「東京ガールズコレクション」(TGC)で久々に公の場に登場したが、ネット上では「痩せすぎ」といった声が飛び交っている。やはり昨年の“ニャンニャン写真流出”騒動による影響なのだろうか?

 昨年3月に「フライデー」(講談社)に掲載された香里奈の写真は、当時大きな波紋を呼んだ。「語学留学のため」滞在していたハワイで撮影されたというその写真は、下着姿でベッドに寝そべる香里奈が、股間を大きく開いているという衝撃的なもの。それまでドラマにCMと引っ張りだこの人気タレントだった香里奈だが、それ以降は雑誌連載などわずかな仕事のみ継続し、すっかり姿を見る機会がなくなってしまった。

 そして久々の公の場となった「TGC」だが、ネット上では「痩せちゃった」「オーラなくなった」「目が死んでる」などといわれている。香里奈は昨年9月の「TGC」にも出演していたが、その際にも「やつれてる」といった声が出ていた。

「長年レギュラーで表紙を務めていた通販カタログ『ニッセン』の表紙も、今年春号から竹下玲奈が務めると発表され、香里奈は降板したものと見られます。この露出激減のきっかけは写真流出ということは間違いないだけに、激ヤセといわれていることの因果関係も否定できないでしょうね」(スポーツ紙記者)

 さらに今年2月発売の「オリ★スタ」(オリコン・エンタテインメント)が行った「好きな女子モデル TOP10」では、前回3位から圏外へとランクダウン。ついには「芸能界引退説」まで飛び交い始めた。

「ドラマ出演も深刻な状況です。香里奈は特に演技力が買われている女優ではありませんが、ジャニーズ事務所から共演者として“ご指名”が入るという特権を持っていました。『PRICELESS〜あるわけねえだろ、んなもん〜』(フジテレビ系)ではSMAP・木村拓哉と、『SUMMER NUDE』(同)では山下智久など、数々の共演作に恵まれてきましたが、この状況下では、とてもオファーはこないでしょう」(同)

 果たして本当に、このまま芸能界からフェードアウトしてしまうのだろうか?

「ニッセンモデル」の肩書が一番引きがあったのに!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  16. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  17. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  18. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. トランプ就任式はしょぼくてもOK!

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム