[ジャニーズツッコミ道場]

関ジャニ∞・渋谷、嵐・大野、V6・坂本らジャニーズにおける「歌がうまい」基準を考える

subaru03.jpg
じゃがいもの会に参加経験あるのは関ジャニ∞だけやで!

 今回は、ジャニーズファンの間で何かと論じられがちな「ジャニーズの歌唱力」問題を考えたいと思う。

 意見が大きく分かれることで、以前から不思議だったのが、現在、主演映画『味園ユニバース』の主題歌をソロで歌っている、関ジャニ∞の渋谷すばる。グループの歌唱力担当であるのは疑いようがないが、渋谷が歌番組に出るたび、Twitterやネットの掲示板では面白いほど「うますぎる」「音痴すぎワロタ」といった、両極端な意見が飛び交うのだ。渋谷ほどではないにしても、やはり賛否両論ある例が、NEWSの手越祐也だ。ある人にとって「うますぎる」歌が、別のある人にとって「音痴すぎる」というのは、どうにも奇怪な話。だが、実はその理由は、案外シンプルなことにある気がする。

 渋谷や手越を「うますぎる」と感じるポイントは、声量と声の張り、歌に込める思いの強さや、豊かな表現力だろう。だが、その一方で、2人に共通するのは、陶酔しすぎて、周りの声や楽器の音が聞こえなくなってしまうのか、音程を外すことがちょこちょこあること。特に、大サビなどでは盛り上がりすぎて、大きく外すことがあるため、正しい音程でないと不快に感じる、いわゆる「耳の良い人」には、ときに「音痴すぎる」と感じることがあるのだと思う。2人ほどの自己陶酔はないが、華やかなキラキラした声質を持つ長瀬智也も、ときどきサビで音を外す傾向があるため、似た部分がある気がする。

 その一方、歌唱力の話題では必ず名前が挙がるのが、KinKi Kids・堂本剛や、嵐・大野智。2人が恵まれているのは、張り上げなくても響く、深くやわらかい声質だろう。堂本剛は、ときどきビブラートなど、装飾過多になるきらいがあるが、大野智はいつでも抑えめ。嵐の口パクはときどき皮肉られ、歌番組では生歌が「放送事故」と揶揄されることもあるが、それは歌唱力担当の大野が特番や大きな舞台で、良くも悪くも高揚しないことにも一因があると思う。メインボーカルのテンションが通常のままなのに、周りの一部メンバーのやる気が満ちあふれ、ボリュームが大きくなり、グループの歌声のバランスがおかしくなる。結果、ジャイアンリサイタルになることがあるのではないだろうか。

 ちなみに、ジャニーズファンの一部でときどき「歌がうまい」と言われる独自ジャンルに、「高音が出る人」というのもある。ともすればユニークボイスだったり、低音は出なかったりしても、高音が出るだけで崇められるのだ。以上を踏まえて、総合的に歌唱力王を考えると、「声量も、声の張りもあり、音程を外さず、高音も出て、表現力がある人」ということになるのだが……あまり異論がないのは、V6の坂本昌行だったりする。

 確かに坂本はうまい。アカペラでもいける声量を持ち、音も外さない。ただ、と坂本の歌を延々と聞きたいかというと、それはまた別問題だ。そして、結局は「個人の好み」という結論が決まった話題を、ジャニーズファンたちは日々熱く繰り広げ続けるのである。
(田幸和歌子)

やる気に満ち溢れちゃう櫻井さんを悪くいわないで!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関ジャニ∞・渋谷、嵐・大野、V6・坂本らジャニーズにおける「歌がうまい」基準を考えるのページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! ジャニーズツッコミ道場・嵐・関ジャニ∞のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  2. 消えたタレント料理人たちは今
  3. 消えた“朝ドラヒロイン”女優はいま
  4. 神格化に疑問を感じる大物芸人は?
  5. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  6. 自称「女に嫉妬される」婚外恋愛女性
  7. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  8. “ふっくらもち肌”は1分間だけ、イソフラボン配合の「なめらか本舗」【本当はヤバい洗顔料】
  9. “クビ寸前”野球選手の女子アナ妻
  10. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  11. デブのおばさん人気風俗嬢になったわけ
  12. 消えた女芸人・アジアン隅田美保は今
  13. 田中萌アナ、同僚から「珍獣扱い」
  14. プウ美ねえさん流体重キープ術
  15. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  16. 王道体位から刺激的体位、足ピンオナニー常習者まで…みんなが気持ちいいクンニ体位4選!
  17. キスマイ・横尾、女性と親密写真流出
  18. 消えた人気女性アスリートは今
  19. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  20. 塀の中でもクスリの乱用はアリ?

ジャニーズの人気記事

  1. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  2. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  3. キスマイ・横尾、女性と親密写真流出
  4. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  5. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  3. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. お下品なママサークルぶっ潰してやる!!

海外ゴシップの人気記事

  1. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  2. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  5. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参