覆面調査員が行く!

「ギックリ腰になりそう」連呼は怪しい!? “骨盤矯正”クーポン客への勧誘手口を大暴露!

gotubankyoseiiiiii34.jpg
Photo by UC Physiotherapy from flickr

お安い金額で、イイことしたい! 得したい!」という女の欲望を刺激する、「クーポン雑誌」「クーポンサイト」が巷に溢れまくっている現代――。しかしあまりの安さに、「こんなに安くて大丈夫?」「逆に損するなんてやーよ!」と、クーポンに半信半疑の人もいるはず。そんなあなたに向けて、女が特に気になる「美容・健康クーポン」を、世界で最も「安い!」に弱い大阪出身の女性ライターが、覆面調査員としてレポートしちゃいます!

 クーポンでよく目にする“骨盤矯正”。そもそも骨盤とは、仙骨を中心に尾骨、腸骨、坐骨、恥骨の5つの骨が組み合わさってできているが、医学的に考えると、骨盤は靭帯や筋肉で固められているため、「基本的に骨盤自体が歪む要素はない」そうだ。世に言う「骨盤が歪んでいる」状態は、骨盤周りの筋肉のバランスが崩れることで、骨盤が傾くことなのだという。

 しかし、骨盤自体がぐにゃんと歪んではいないものの、カラダのバランスが崩れてしまえば、疲れやすくなるのは当然。痩せにくくもなるという。そこで、運動嫌い&日々“座りっぱなし”の筆者は、今回、骨盤矯正を売りにしているお店を訪問。美容クーポン界で人気の“骨盤矯正”にチャレンジした。

潜入その1
骨盤矯正はリラクゼーションではなし!?/新宿・N
【メニュー】歪みをケアして、心身ともにリフレッシュ90分!
【クーポン価格】1,800円(88%OFF)

 骨盤矯正が主なメニューだという新宿のN。その外観は、どこにでもあるマッサージ店である。衝立に仕切られたスペースで、はやりの水素水を飲みつつ、カウンセリングシートを記入する。酒量、タバコ、体の痛みなどなど……さらに「訪れた目的」まで。え? 目的って、骨盤を正常な位置に戻したい以外にあるの?

 このお店の特徴は、「リラクゼーションをベースにした施術」とのこと。ならばと、カウンセリングシートを書き終えて、超お気楽に構えていたところ、担当者のやや酒臭いKクンから、突如ミリ単位での骨盤矯正のお話がスタート。なんでもの理数系の大学出身だそうで、骨盤の説明をこってり、びっしり20分……おいおいカウンセリングタイムは「10分程度」だったはずなのだが。言っていることはもっともかもしれないが、とにかく説明が長い。

 着替えを済ませ、やっと施術かと思いきや、「まずは検知をしてみましょう」と、鏡の前で左右の脚の長さに何ミリ違いが生じているかを計測。筆者は9ミリほど長さが違っているらしい。続いて、施術用ベッドにうつ伏せになった状態で、脚が後ろへどれくらい上がるかという「歩幅」もチェック。個人の骨格や筋肉の構造に基づいた、合理的な施術を行うためだというが、クーポンサイトにあった「マシン(電気)による施術」はなんの説明もなくカット! むしろそこを説明してほしかった……。

 そんな長々とした説明&検知の結果、筆者に余分な肉がついているのは、やはり骨盤の位置が正常ではないからとのこと。さらに「通常の女性より歩幅が狭いので、運動しても効率が悪く、普通の人の3倍運動しないといけない」という。なんとなく予想通りの展開である。

 そしていよいよ、施術スタート。Kクンに、「ここは治療院です。歪んだ骨盤を調整するため、多少の痛みがありますが大丈夫ですか」と念を押されたが、確かに痛い! 骨盤矯正のためのストレッチは、“ゆったりと時間をかけて、リラクゼーションをベースにしたケア”とは正直真逆だ。しかも施術中、Kクンが「背中、腰が凝り固まっていますよ。ギックリ腰になりやすいです」と、とりあえず“ギックリ腰”を連発するのも気になった。痛いやら怖いやらで、あっという間に時間が過ぎ、60分という施術も、体感的には30分程度に感じられた。

クーポン客への間引き施術多すぎ~!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  15. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 他人の記事をパクるのはこんな人

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!