『相続百人一首』著者インタビュー

「我が家には たいした遺産はないけれど」相続トラブルを百首詠む、『相続百人一首』の魅力

souzokuhyakunin.jpg

「我が家には たいした遺産は ないけれど 争い方は 金持ち並みに」
「この土地の どこからどこまで うちのもの? 死んだ親父に 今更聞けない」

――人間の最後の仕事でもある「相続」に起こりがちなトラブルや疑問を、上記をはじめとした百首の歌に詠んだ人がいる。『相続百人一首』(文藝春秋)の著者であり、司法書士・行政書士の森欣史(もり・よしふみ)氏だ。人間の悲喜こもごもが詰まった、味わい深い句が誕生した背景とそこから見えた現代の家族模様を、森氏にうかがった。

■「普通の相続」は司法書士、行政書士の仕事

――なぜ「相続で百首歌を詠もう」と考えられたのでしょうか?

森欣史氏(以下、森) もともと専門学校の講師をしていた時代に、歴史上の人物と業績を百人一首にまとめたり、「マネー川柳」に応募したりするなど、歌を詠むのが好きだったというのもありますね。短歌はお風呂や電車の中で思い浮かぶことが多く、今回の『相続百人一首』のうち50~60首はそのどちらかで詠んだものになります。司法書士・行政書士の実務経験から、相続で起こりがちな問題を網羅できれば、と思い百人一首の形を取りましたが、私一人で百首詠んでいるので、正しくは「一人百首」ですね。

――森さんのお仕事である司法書士・行政書士は、相続のどの場面で関わってきますか?

森 相続では、土地の名義変更や預貯金の解約などが必要となります。その際に必要な戸籍などを集めたり、書類を作成したりするのが司法書士・行政書士の仕事です。裁判沙汰になるほどの大トラブルではなく、相続税が発生するほどの遺産でもない、その間にいる「相続で困っている、わからない」方へのサポートですね。

 今、日本では年間で120万人の方が亡くなっていて、そのうち裁判沙汰になるケースは約1万件と1%以下です。相続税が発生したのも亡くなった方のうち約4万人と、3~4%程度です。ただこちらは、2015年1月からの相続税法改正で、7~8%程度に増加する、といわれていますが、それでも少数のケースです。一方、不動産の相続登記の申請は約80万件あり、亡くなった方の半分以上は直面する身近な問題なんです。

■「我こそは 特別縁故者だったぞと 財産分与に 多数申し出」

――法的な問題は素人にはわからないだけに、当事者になってみて初めてトラブルだとわかって困るケースが多いかと思います。多くの人が相続について勘違いしていることはありますか?

人生をみつめる目線はまるで『渡鬼』

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  12. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. キャラ変え好調の乙武洋匡
  16. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー