あのゴリ押しは今……

剛力彩芽、CM女王陥落&深夜ドラマ落ちで「ゴリ押し終了」!? それでも脱バーターは困難か

2015gorikiayame.jpg
「くやしいけど大事な人」/SMR

 4月クールの夜11時台の連続ドラマ『天使と悪魔‐未解決事件匿名交渉課‐』(テレビ朝日系)で、剛力彩芽が主演を務めることが発表された。数年前までは、あり得ないほどの“ゴリ押し”でメディアを席巻し続けていた剛力だが、“約1年ぶり”の連ドラ主演の発表に、「以前のようなゴリ押は落ち着いた」という声が、ネット上で上がっている。ビデオリサーチから発表された「年間タレント別テレビCM量」でも、昨年トップから20位以下に“転落”してしまった。

 剛力はロングヘアーを現在のショートにした2011年頃から、メディア出演が“爆増”。数々のドラマ出演をこなしながらも、映画やバラエティ、雑誌にCMと、それこそ「見ない日はない」といわれるほどの過剰露出となった。ところが13年の主演ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』(フジテレビ系)の最終回8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、月9のワースト視聴率を記録、さらに昨年の出演ドラマ『あすなろ三三七拍子』(同)でも、火9枠のワースト平均視聴率を更新と、実力が伴っているとは言い難い結果に。

 また13年リリースのデビューシングル「友達より大事な人」は、“プロペラダンス”の振付けが話題になったことから、初週売り上げ2万枚を記録するも、その後リリースした2枚のシングルは初週売り上げ1万枚を割ってしまった。CD特典が「本人から間違い電話が掛かってくる」というAKB48顔負けの“アイドル商法”だった点についても、批判が殺到した。

「武井咲とともに、『ネットで嫌われる女優』の筆頭格となってしまった剛力ですが、全ては所属事務所『オスカープロモーション』の戦略が原因。看板タレントである上戸彩や米倉涼子のバーターとして、若手を格安でドラマやCMにねじ込んでいるんです。ようやく過剰な露出が落ち着き、剛力の実力に見合った仕事をするようになったという見方もできますが、今回の連ドラ主演も、テレ朝の本当の狙いは“米倉”ですよ。米倉とテレ朝といえば、大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』ですが、米倉本人は続編登板を否定しているものの、局サイドはまだまだ意欲を見せていますからね。剛力を主演で起用する代わりに、『ドクターX』の続編を作りたいと、オスカーにアピールしているのでは」(週刊誌記者)

 一部ではネット上でのバッシングから、「食事ができなくなった」と報じられたこともある剛力。「ゴリ押しで批判され、昨年夏頃から露出を減らしたものの、局からはいまだ『バーター扱い』とは、剛力がかわいそうにもなりますね」(同)というだけに、今回の主演では、脱バーターできるような結果を残してほしいものだが……。

ドサクサに紛れて「剛力彩芽」で流行語取らせたらよかったのに

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  10. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  11. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  16. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  17. キャラ変え好調の乙武洋匡
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー