噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第257回】

さくら夫人の2番目の元夫がついに語った、“恐怖の結婚生活”と『殉愛』の断末魔

jisin150310.jpg
「女性自身」3月10日号(光文社)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 周囲では今年も東京マラソンがなんだかとっても盛り上がっていた。マラソンや駅伝を観戦する趣味もなく、もちろん走る趣味もないからか、嬉々として走っているランナーが、創立発案者である石原慎太郎元都知事を賛美しているかに見えてしまう。石原都知事時代、ランナーたちがお立ち台に立った彼に手を振りながら走る姿が印象に残っているのかも。「都知事閣下、東京を走らせてくれてありがとう!」ってか。

第257回(2/20~24発売号より)
1位「やしきたかじんさん 『殉愛』妻には、もうひとつの“恐怖の人格”が潜んでいた…」(「女性自身」3月10日号)
2位「古閑美保 新恋人は紀香の元カレ『大きいのもイイけど小さいのも(ハート)』」(「女性セブン」3月5日号)
3位「小栗旬 『嫁の暴走と束縛が怖い…』“新米パパ”は『産後うつ』に!!」(「女性自身」3月10日号)

 故・やしきたかじんを巡る『殉愛』騒動は今年になってもまだまだ終息の気配が見えない。たかじん長女による『殉愛』(幻冬舎)出版差し止め訴訟もスタートし、未亡人さくら夫人サイドも『殉愛』を批判したたかじんの元弟子を名誉毀損で訴えるなど、さらなる泥沼化の様相を呈している。

 そんな中、『殉愛』騒動の決定版ともいえる本が出版された。「百田尚樹『殉愛』の真実」(宝島社刊/以下、『「殉愛」の真実』)だ。『殉愛』騒動は売れっこ作家である百田直樹によるノンフィクションという触れ込みのため、“作家タブー”を抱える出版社系週刊誌はこの騒動をほとんど取り上げることはないが、そんな中で唯一健闘しているのが「自身」だ。今回も「自身」はこの衝撃の書の刊行と、その内容を紹介している。

 記事によれば『「殉愛」の真実』には『殉愛』で一方的に誹謗中傷された関係者たち――元マネジャーK氏やたかじんの弟や前妻――など、たかじんと極めて親しかった人物たちが、初めて証言を寄せ『殉愛』に真っ向から反論しているという。たかじんの実弟である渡氏(四男)は『「殉愛」の真実』でも実名を出した上で、「自身」にも初めて『殉愛』騒動に関して証言した理由をこう述べている。

さんまに目撃される感じが実に“古閑美保”!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク