「性的虐待、DV被害者だけど、セックスをあきらめたくない!」サバイバーはる香の挑戦

【messyより】

haruka-topcw.jpg

 初めまして、今週からコラムを連載させていただくことになりました長南はる香と申します。私は、アートディレクター、現代美術アーティストとして、「女性の性とセックス」をテーマに作品を制作しています。

 「何でもアリ」の現代美術ですが、やはり、「セックス」には、風当たりが強いです。“エロ”と見なされ、イロモノ扱いされたり、異端扱いされてしまったり、特に男性からは、作者である私自身がセックス好きのビッチ、ヤリマン肉食系女子だと思われ、妙な勘違いをされることもしょっちゅうです。

 それでもやはり、花や風景、リンゴや笛吹きの少年を描くより、ヌードや、ベッドの上で絡み合う男女の姿をデッサンする方が楽しい。

 なぜ、これほど「性」にこだわるのか?

 それは、私の人生が「DV(ドメスティック・バイオレンス)」によって大きく変えられてしまったからです。

 DVとは、夫や恋人など「親密な関係にあるパートナーからの暴力」のことです(男性から女性に振るわれるケースが圧倒的に多いですが、中には女性が加害者になるケースもあります。また、男性同士、女性同士のカップルで起きる場合もあります。本コラムは私の経験に基づいたものなので、男性から女性への暴力に限定して取り上げたいと思います)。

続きを読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

「性的虐待、DV被害者だけど、セックスをあきらめたくない!」サバイバーはる香の挑戦のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 山本裕典は、前田敦子の“最初の男”!?
  2. 神木隆之介『3月のライオン』大コケ
  3. 山本裕典、最上もがをお持ち帰り!?
  4. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  5. 成宮寛貴、“友人A氏”の意外な今
  6. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  7. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  8. “クズすぎる男性タレント”暴露
  9. 『東京タラレバ娘』最終回にクレーム!?
  10. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  11. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ
  12. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  13. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  14. GACKTの“男性器”は改造しまくり?
  15. 「GINGER」流“隙のある女子”とは
  16. セックス写真流出疑惑の女子アナは今
  17. 土屋太鳳の手料理に批判噴出
  18. “もう終わった”イケメン俳優3人
  19. 木村『A LIFE』を絶賛する女性誌
  20. 山本裕典、ハレンチ行為が問題に?

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  2. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  3. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  4. キスマイ女性問題がネットに続出
  5. 『DASH!!』で動物愛護論争が勃発

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「GINGER」流“隙のある女子”とは
  3. 親が離婚した子の「幸せ」とは?
  4. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  5. 性被害は被災と同じくらい大変なこと

海外ゴシップの人気記事

  1. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  2. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. 知っておきたい、カーダシアン家の10大事件
  5. ウィリアム王子のダンスがダサすぎ!