[女性誌速攻レビュー]「BAILA」3月号

アラサー向け「BAILA」に70万円のエルメスバッグ! 分不相応すぎる提案の意図とは?

baila201503.jpg
「BAILA」2015年3月号(集英社)

 梨花が全身デニムで“どやっ!”と佇む「BAILA」3月号(集英社)。そういえば、2年ほど前、一瞬全身デニムが流行の兆しをみせるも、折しもその時「スギちゃん」がブームになり、微妙な感じで沈下したことがありました。スギちゃんがようやくデニムのイメージを脱出した今、いや、むしろ姿を見なくなった今、満を持して全身デニムブームが訪れる予感です。お仕事コンサバ雑誌「BAILA」の読者層が、ダンガリーシャツやらGジャンやらにどこまで興味を持ってくれるのか未知数ですが、時代に乗り遅れないよう、今月号を早速チェックしていきましょう。

<トピック>
◎どカジュアルにならない「デニム」のすべて
◎高そうに見える人の最愛バッグ選び
◎セレブおしゃれアワードBOOK Amazing!

■梨花の怪しいデニム愛

 さて、3月号の特集は、表紙の流れそのままに「どカジュアルにならない『デニム』のすべて」です。コンサバ雑誌でデニム……冬と春の過渡期ならではの苦肉の特集かと思いましたが、冒頭の梨花いわく、「昔から私のクロゼットの中の9割はデニムです」とのこと。梨花をトップモデルに据える「BAILA」が、今まであまりデニムにフォーカスしてこなかったことの方が不思議なのかもしれません。

 梨花の「9割デニム」発言については、調子こいて盛ってしまっただけだと思いたいですが、これが真実だとしたらすごいことですね。梨花の服の10着に9着はデニムという事実。しかも昔からですって! 思わず、「てめぇ、絶対だな!?」とツッコまずにはいられません。

 さて、肝心の中身は、いつも特集にページ数を割かない「BAILA」がどーんと50ページ使ってさまざまなデニムを見せています。その数103着! つまりは1ページに2着くらいデニムが載っているという分量。……スッカスカやないかい!!

 そもそも、「BAILA」の読者層であるお仕事女子がデニムを着こなす、というのは、ちとハードルが高かったのでは。オフィスカジュアルといっても「デニムNG」な職場は多いですし、休日にはくといってもアラサーの「BAILA」世代ともなると、お出かけ着にデニムはそろそろ卒業の流れなのでは。やはり、リアルクローズの世界では、種類の異なるパンツを2~3本持っていれば、十分デニム好きの称号は得られるのではないかと思います。正直、50ページもデニム特集をやられても、どこに昇華すればよいかまったくわからない状況です。

スギちゃんのデニムイズムは梨花が受け継いだから!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  8. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  15. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  16. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  19. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  20. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに