「こんな方法で喜んじゃうの?」SKE48“最後の”ミュージックカード商法が露骨すぎる!!

matsuijurina0819.jpg
撮影=岡崎隆生

【日刊サイゾーより】

 SKE48が3月31日にリリースする17thシングル(タイトル未定/avex trax)の販売方法が物議を醸している。

 同シングルは、通常盤4種、初回限定盤4種、劇場盤に加え、エイベックスが運営する通販サイト「mu-mo」で、1枚308円のミュージックカードを販売。ミュージックカードは、以前から握手会会場などで予約を受け付けており、3枚購入ごとに、2ショット写メ権の抽選に参加できるとあり、多くのファンがすでに大量予約をしているという。

 ミュージックカードの売り上げは、オリコンランキングではCD売り上げと同等に扱われる。SKE48は過去にも、各メンバーの写真がプリントされたミュージックカード全64種類を販売するなど、過剰な“ミュージックカード商法”に着手。しかし、今回波紋を呼んでいるのは、劇場盤がしれっと“セット売り”になっていることだ。

 個別握手会参加券付きの劇場盤は、前シングル「12月のカンガルー」と同額の1,028円……

続きを読む>>>

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク