12歳少女のヘリウムガス事故は「全力の美少女が見たい」という消費願望の起こした人災

【messyより】

3b201519cw.jpg
3B junior公式サイトより

テレビ朝日製作のバラエティ番組の収録中、ヘリウムガスを吸って意識不明となったアイドルの事故に、心を痛めています。「女性自身」(光文社)の取材によれば、事故にあった12歳の女の子の意識は完全に戻っておらず、半身麻痺の症状がでている……など、非常に暗澹たる気持ちにさせられると同時に、テレビではまったくその後の状況が報道されていないことに不穏な思いを隠せません。進展がないから報じることができないというのでしょうか。事故にあったアイドルのファンでもないのに、ニュースを思い出しては事故にあった子の回復を祈ってやみません。

 多くのアイドルが公言しているのと同じように、この少女もきっと、みんなの注目を浴びて、ファンにポジティブな気持ちを与える存在になりたくて、アイドルを目指していたに違いなく、そういう彼女の希望をご両親も応援していたと思うんです。その結果がこの事故で、障害が残るなんて、もうホントにやりきれない。私はアラサー世代なので、12歳のアイドル当人よりたぶんご両親に近い世代ですから、その気持ちを想像してしまって「こんなことになるなら、芸能界入りなんか許すんじゃなかった……」とものすごく自分を責めてしまい、苦しい思いをされているのでは、と考えてしまいます。

続きを読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク