やっぱり取り扱い注意!!

清原和博、慶應幼稚舎に殴りこみ!?  錯乱状態で「息子の名前を絶叫」の奇行騒動

danndou_kiyo.jpg
『男道』(幻冬舎)

 19日発売の「週刊新潮」(新潮社)で、愛車をヤフオクに出品していると伝えられた清原和博だが、薬物疑惑や離婚とスキャンダルにまみれた昨年、理解し難い“奇行”に出ていたという。

 清原のベンツは、20日現在もヤフオクに掲載されており、中古にもかかわらず1,380万円という超強気の価格設定と報じられている。しかし「新潮」によれば、出品されたのは今月4日で、約2週間たっても入札はゼロのままの状態だ。


「同誌の取材に、清原の所属事務所は本人の車であることを認めています。出品理由は、新しい車を購入するため売却したところ、『車屋が載せた』とのことですが、清原の名前で落札価格をアップさせようとしていることは明白。かねてから金銭面の困窮が伝えられている清原だけに、ネット上でも『やっぱりお金に困っているんだろうな』といった声が出ています」(芸能ライター)

 薬物報道以降、清原のメディア露出が極端に減っていることは、報じられている通り。さらには一部では、「背中に大きな龍の刺青を入れた」「パチンコ営業くらいしか仕事がない」などと伝えられており、現在ではテレビでその姿を見ることも皆無となっている。

 各報道による影響から、仕事のオファーも途絶えてしまった清原だが、昨年9月に離婚した清原亜希と2人の子どもをめぐっては、こんな信じ難い行動をしでかしていたという。

「離婚が成立した直後、何を思ったのか2人の息子が通う慶應幼稚舎に、錯乱した様子で我が子の名前を絶叫しながら乗り込んできたんです。すぐに警備員に取り押さえられ、大事には至らなかったようですが……。清原は『息子に会いに来た』と語っていたものの、あまりにも突飛な行動に、関係者も開いた口が塞がらなかったとか。子どもの親権を亜希夫人が持ったため、今後は自由に会うことが難いと思ったのかもしれませんが、まさかこんな支離滅裂な行動に出るとは」(教育機関関係者)

 息子たちが通う同校は名門小学校で、入学に際しては、当人だけではなく両親の素性や社会的地位なども影響するといわれる。清原の“奇行”は「子どもたちの学校での立場を一切考えていない。神経を疑う行動ですよ」(同)という。

 20日には、ラジオ番組『テリー伊藤のフライデースクープ そこまで言うか』(ニッポン放送)に登場し、子どもに対する思いを語っていた清原。しかし私生活に大きな爆弾を抱える以上、やはり今後もタレントやキャスターとしての復帰は、絶望的というほかなさそうだ。
(須田恭也)

“番長”イメージを大事にしすぎ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

清原和博、慶應幼稚舎に殴りこみ!?  錯乱状態で「息子の名前を絶叫」の奇行騒動のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! 奇行・清原亜希・清原和博・芸能ウラ情報・離婚のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 神木隆之介『3月のライオン』大コケ
  2. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  3. 山本裕典は、前田敦子の“最初の男”!?
  4. 山本裕典、最上もがをお持ち帰り!?
  5. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  6. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  7. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  8. 木村『A LIFE』を絶賛する女性誌
  9. 土屋太鳳の手料理に批判噴出
  10. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ
  11. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  12. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  13. セックス写真流出疑惑の女子アナは今
  14. キスマイ女性問題がネットに続出
  15. 山岸舞彩、セックス写真で絶体絶命
  16. “クズすぎる男性タレント”暴露
  17. 『DASH!!』で動物愛護論争が勃発
  18. 「GINGER」流“隙のある女子”とは
  19. 山本裕典、ハレンチ行為が問題に?
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  2. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  3. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  4. キスマイ女性問題がネットに続出
  5. 『DASH!!』で動物愛護論争が勃発

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「GINGER」流“隙のある女子”とは
  3. 性被害は被災と同じくらい大変なこと
  4. セレブママサークルに「イクメンくん」加入! 「ママたちの仁義なき戦い」勃発して……!?
  5. 暴力の連鎖が生む沖縄の格差と矛盾

海外ゴシップの人気記事

  1. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  2. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. 知っておきたい、カーダシアン家の10大事件
  5. ウィリアム王子のダンスがダサすぎ!