[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」2月24日

老いとトラブルが同時に押し寄せる、中年女の覚悟を「婦人公論」から学ぶべし

老いとトラブルが同時に押し寄せる、中年女の覚悟を「婦人公論」から学ぶべし

 先日、妊娠6カ月であることを明らかにした森三中・大島美幸。大島は妊娠を目指して、昨年5月からタレント活動を休止していました。最近話題の“妊活”ですが、今号の「婦人公論」では「不妊治療を選んだ先に」というテーマで、ルポとインタビューが掲載されています。「『精子提供』で子を授かった親たちの思いとは」では4組の夫婦がその経緯、いま抱える悩みについて語っています。血のつながりとはなにか? 家族とはなにか? これから多様化するであろう家族の形を考える上で、非常に意義深いルポとなっています。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

老いとトラブルが同時に押し寄せる、中年女の覚悟を「婦人公論」から学ぶべしのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性誌速攻レビュー婦人公論のニュースならサイゾーウーマンへ!