トータルテンボスにも飛び火!

スキマスイッチ、“料亭批判”MC謝罪も炎上収まらず、公式サイトサーバーダウン!

2015sukimas.jpg
『スキマスイッチの本』(朝日新聞出版)

 今月行われた秋田公演のMCでの失言により、スキマスイッチの8“お株”がネット上で急落している。地元飲食店を実名批判して炎上、その後、なぜか参戦したトータルテンボスの“失策”もあり、ついには公式Webサイトで「ライブのMC内で誤解を招くような表現をしてしまったため、御飲食店様、及び関係者の皆様へ大変ご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪するはめになってしまった。

 ことの発端は14日、秋田県民会館で行われた公演でのMC。メンバーはこの前日に、秋田市の繁華街にある老舗料理店で夕食を取ったそうだが、店の実名を挙げて「すき焼きの野菜が残っていたのに下げられた」「ハタハタは3匹くらい食べたかったのに、1匹しか出なかった」などと文句をつけたという。


「こうした発言内容は、すぐさま観客のTwitterで広まり、また一般人の1人が同店の女将にこの話を伝えたことから騒動に発展。女将の娘を名乗るTwitterアカウントが『お店の名前を出してディスったことに母が大変心を痛めていて』『店側はイベンターが予約したコース通りに料理出したんだし』とツイートし、それを見たユーザーから、スキマスイッチの公式Twitterアカウントに『謝れ』といったクレームが殺到したんです」(芸能ライター)

 娘のアカウントは反響の大きさもあってか、すぐに削除されてしまったものの、一連の騒動がニュースで報じられた際、余計な行動をしてしまったのがトータルテンボス・大村朋宏だった。大村の相方・藤田憲右とスキマスイッチの常田真太郎の外見が似ているため、勘違いをしたTwitterユーザーから大村の元に「最低ですね」などの批判が寄せられたというが……。

「大村が『スキマスイッチの常田くんからわざわざ電話きた。今回の一件でご迷惑かけてすいませんと言われた』とTwitterで明かしたのですが、『謝る順番が違うだろ』『まずお店に謝るべき』との意見が殺到、まさに“火に油”となりました。大村としては、相方の藤田やスキマスイッチのファンをフォローしたつもりだったのかもしれませんが、完全に失策でしたね」(同)

 各報道によると、店や料理のセッティングを行ったイベンターにも落ち度があったとして、今後同店はこのイベンターに抗議するとともに、アーティストの利用を断ることになったと伝えられている。

「さもこのイベンターに全ての責任があるかのように伝えられていますが、どう見てもそもそもの原因はスキマスイッチ。批判の嵐は収まらずに20日には公式謝罪を行うことになりました。公式サイトもサーバーがダウンしている状態です」(同)

 現在でもネット上では「ほかの地域の公演でも店の悪口を言っていた」「自分たちの立場をいまだに理解してない」など、炎上は収まる気配がない。22日には香川県での公演が予定されているスキマスイッチだが、果たしてMCでは何が語られるのだろうか?

コブクロにもクレームが行ってないか不安

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク