[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

KAT-TUN・亀梨和也とお忍び密会報道! 深田恭子にうわさされる“超肉食テク”

2015secondlove.jpg
『セカンド・ラブ』(テレビ朝日系)公式サイトより

 6日からスタートした連続ドラマ『セカンド・ラブ』(テレビ朝日系)で共演中のKAT‐TUN・亀梨和也と深田恭子に、ある“疑惑”が浮上している。20日発売の「フライデー」(講談社)では、深田が亀梨の楽屋に入り浸りになっていること、また深夜の六本木でのお忍び密会が報じられている。

 先月31日公開の映画『ジョーカー・ゲーム』で共演したばかりの亀梨と深田は、同作で披露されたキスシーンにより、一気に距離が近付いたと一部で報じられたことも。また“昼メロ”ならぬ“夜メロ”がテーマの『セカンド・ラブ』では、激しいラブシーンを披露している。

「記事によれば、亀梨と深田は、収録を終えた後に六本木の寿司屋で合流し、スタッフ同伴ながらも早朝4時まで同じ時間を過ごしたそうです」(芸能ライター)

 また深田は現在、亀梨の楽屋に“入り浸り”状態なのだという。深田といえば、同じホリプロ所属の石原さとみ、綾瀬はるかと並ぶ人気女優の1人で、その肉食ぶりは常々伝えられてきた。これまで交際を報じられた有名人も、東山紀之や玉木宏、くりぃむしちゅー・有田哲平、斎藤佑樹、清水良太郎に五十嵐麻朝と枚挙にいとまがない。

「深田はテレビ局で、面識もないタレントの楽屋にいきなり突入して、挨拶から連絡交換まで持っていくことが度々あるそうです。肉食女子をまったく隠す素振りもないようで、親しい関係者に『いい人いたら紹介してください』とアピールしているとか。また自分の好きなタレントが、滞在中のホテルで身内だけの飲み会をしているという情報をどこからかキャッチして、単身駆け付けたという話もあるほどです」(雑誌編集者)

 一方で亀梨といえば、これまで報じられた熱愛相手は小泉今日子と大政絢くらいで、決定的な交際報道はいまだゼロという優等生ぶり。長年親密関係が伝えられていた小泉とも、破局説が流れて久しい。

「どうやら深田は、亀梨をターゲットに定めたようですね。好きになった相手は片っ端から落城させてきた深田だけに、亀梨ファンにとっては頭痛のタネになりそうです」(同)

 亀梨にとって“新境地”という割に、視聴率はパッとしない『セカンド・ラブ』だが、果たして本当に亀梨は、深田の手に落ちてしまうのか――?

なぜ話題作りだと思わないのか、そっちが不思議!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!