[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

テレビ関係者が憂う、SMAP・香取慎吾の俳優人生……打開策はあの国民的映画!?

singochan.jpg
宇宙人役でラブコメなんて事故の予感しか……

 三谷幸喜監督の最新作『ギャラクシー街道』が今年10月に公開される。三谷にとって初のSF作品で、主演は三谷作品の常連SMAP・香取慎吾、ヒロインは綾瀬はるかで、SF映画史上最も笑える作品を目指すという。しかし、香取が挑む役柄が今、業界に波紋を呼んでいる。なんとその役は宇宙人だというのだ。

 これまで香取が演じてきた役で話題となったものは、月9ドラマ『西遊記』(フジテレビ系)での孫悟空、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(TBS系)の両津勘吉、映画『NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』の忍者ハットリくんなど、いわゆる「キャラクターもの」が多い。もちろん、『未成年』(TBS系)や『ドク』(フジテレビ系)といった難しい役での好演はドラマファンからの評価も高く、また『ガリレオ』(同)第1シーズンにゲスト出演した際には、湯川学(福山雅治)を翻弄する狂気の大学院生役が注目を集めた。

「ただ、やはりこれまでの役柄のイメージが影を落としているせいか、最近の香取主演のドラマはすこぶる振るいません。結婚相談所のアドバイザー役に挑んだ『幸せになろうよ』(フジテレビ系)は平均視聴率11.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、山下智久と共演した刑事ドラマ『MONSTERS』(TBS系)は11.9%、民間の科捜研技官を演じた『SMOKING GUN~決定的証拠~』(フジテレビ系)にいたっては7.4%という惨敗ぶりでした。一方、大ヒット映画『オーシャンズ11』のミュージカル版として去年主演した同名作品は、舞台俳優としての香取の未来を感じさせるものとして、絶賛するファンも多かったようです」(業界関係者)

 舞台俳優として活動を展開していく可能性も今後考えられるが、主戦場をテレビドラマ、映画に据えるのであれば、「俳優としては限界が近い」と前出関係者が不安を漏らす。では、何を演じたらいいのだろうか。

「ジャストアイディアですが、『男はつらいよ』はどうでしょうか。つまりは2代目・寅さんです。あの車寅次郎を香取が演じるんです。同じ葛飾区での人気者という点では、両津勘吉に挑んだことでイメージは共有できていますし、また『おじゃマップ』(フジテレビ系)では全国を旅して人々と触れ合う人情派キャラクターが定着しています」(在京テレビマン)

 『男はつらいよ』とは、1969年以降毎年1~2本は作られていた大人気映画であり、全48作品の観客動員数はのべ8,000万人という国民的映画シリーズだ。主演を務めた名優・渥美清はその没後、国民栄誉賞を受賞している。

後半からただの妄想劇場記事に!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  9. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  16. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  20. 芦田愛菜、テレ東深夜転落

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 新春ジャニオタ放談
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー