[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

テレビ関係者が憂う、SMAP・香取慎吾の俳優人生……打開策はあの国民的映画!?

singochan.jpg
宇宙人役でラブコメなんて事故の予感しか……

 三谷幸喜監督の最新作『ギャラクシー街道』が今年10月に公開される。三谷にとって初のSF作品で、主演は三谷作品の常連SMAP・香取慎吾、ヒロインは綾瀬はるかで、SF映画史上最も笑える作品を目指すという。しかし、香取が挑む役柄が今、業界に波紋を呼んでいる。なんとその役は宇宙人だというのだ。

 これまで香取が演じてきた役で話題となったものは、月9ドラマ『西遊記』(フジテレビ系)での孫悟空、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(TBS系)の両津勘吉、映画『NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』の忍者ハットリくんなど、いわゆる「キャラクターもの」が多い。もちろん、『未成年』(TBS系)や『ドク』(フジテレビ系)といった難しい役での好演はドラマファンからの評価も高く、また『ガリレオ』(同)第1シーズンにゲスト出演した際には、湯川学(福山雅治)を翻弄する狂気の大学院生役が注目を集めた。

「ただ、やはりこれまでの役柄のイメージが影を落としているせいか、最近の香取主演のドラマはすこぶる振るいません。結婚相談所のアドバイザー役に挑んだ『幸せになろうよ』(フジテレビ系)は平均視聴率11.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、山下智久と共演した刑事ドラマ『MONSTERS』(TBS系)は11.9%、民間の科捜研技官を演じた『SMOKING GUN~決定的証拠~』(フジテレビ系)にいたっては7.4%という惨敗ぶりでした。一方、大ヒット映画『オーシャンズ11』のミュージカル版として去年主演した同名作品は、舞台俳優としての香取の未来を感じさせるものとして、絶賛するファンも多かったようです」(業界関係者)

 舞台俳優として活動を展開していく可能性も今後考えられるが、主戦場をテレビドラマ、映画に据えるのであれば、「俳優としては限界が近い」と前出関係者が不安を漏らす。では、何を演じたらいいのだろうか。

「ジャストアイディアですが、『男はつらいよ』はどうでしょうか。つまりは2代目・寅さんです。あの車寅次郎を香取が演じるんです。同じ葛飾区での人気者という点では、両津勘吉に挑んだことでイメージは共有できていますし、また『おじゃマップ』(フジテレビ系)では全国を旅して人々と触れ合う人情派キャラクターが定着しています」(在京テレビマン)

 『男はつらいよ』とは、1969年以降毎年1~2本は作られていた大人気映画であり、全48作品の観客動員数はのべ8,000万人という国民的映画シリーズだ。主演を務めた名優・渥美清はその没後、国民栄誉賞を受賞している。

後半からただの妄想劇場記事に!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

オンナの[裏]掲示板人気トピック