タイトルだけじゃなく設定も凝ってます!

『E.T.』『ハリポタ』『ターミネーター』も!? 最高にバカバカしい米ポルノ・パロディ

DanielRadcliffe01.jpg
ラドクリフくんはポルノ愛好者に好かれそうだけど……

 ポルノ大国として知られているアメリカ。インターネットで作品が無料配信されるようになり、売り上げは年々減少しているものの、ポルノ業界は現在も年間130億ドル(約1兆5,500億円)の大金を生み出す需要の大きい産業であり、サウスダコタ州、アイダホ州、ノースダコタ州などの田舎では、ポルノ愛好者がとても多いという統計が出ている。

 39分おきに新しい作品が誕生しているといわれるアメリカのポルノはジャンルもさまざまで、ノリの良いアメリカ人向けにコメディタッチに描かれている作品も少なくない。ハリウッドの大作映画をネタにした「ポルノ・パロディ」なるジャンルもあり、ポルノ好きでない人でさえタイトルとDVDのパッケージを見ただけで興味を引かれてしまうようなレベルの高い作品もたくさん存在するのだ。今回はポルノ・パロディ作品の中から、ギャグ性の高い作品を紹介しよう。

■『ハリー・ポッターと賢者の石』→『ホーリー・ポッターと魔法使いの玉』

 世界的な大ヒット作『ハリー・ポッターと賢者の石』のポルノ・パロディ版主人公「ホーリー」という名は、「どんなヤツとでもやる」という、「娼婦」「男娼」の意味がある「ホー」からきている。カテゴリーはゲイもので、人気のゲイ男優たちがこぞって出演。主人公は本家のダニエル・ラドクリフとは似ても似つかない、マッチョな人気男優マシュー・ラッシュが演じた。

 男優だけでなく物語もさほど似ていないが、DVDは3D仕様でリリースされたため、業界は「『アバター』以来の革新的なテクノロジーだ!」と絶賛。男優たちのナイスなボディや3人が輪になってフ○ラチオをするシーン、ミステリアスなストーリー展開が受け、ゲイのアカデミー賞といわれる「グラビー・アワード」で12部門にノミネートされる快挙となった。なお、DVDには3Dメガネが2つ付き、パートナーと一緒に楽しめる粋な計らいをしている。

■『フォレスト・ガンプ/一期一会』→『フォースキン・ガンプ』

 『フォレスト・ガンプ/一期一会』のフォレスト・ガンプは主人公の名前だが、パロディ・ポルノ版の主人公の名は、「フォレスト」と音が近い「フォースキン・ガンプ」。「フォースキン」とは「包皮」という単語であり、「知能指数が低く、純粋な心を持つ仮性包茎のフォースキン」が主人公の物語なのだ。フォースキンは行く先々で出会う“見るからにアバズレ”な女たちを、“下心ありあり”な男たちから救おうと大奮闘。しかし、その都度、男たちから(時には女たちから)邪魔者扱いされ、「フォースキン! 走れ!」と追っ払われてしまう。フォースキンがタイトルにあるわりには包皮が登場するのは最後のセックスシーンだけだが、女優にたっぷり10分以上皮を甘噛みされたり引っ張られたりするという、包皮マニアにはたまらない作品になっている。

■『ターミネーター』→『ペネトレーター』

 抹殺(ターミネート)する任務を課せられたサイボーグ「ターミネーター」ではなく、挿入(ペネトレート)する任務を課せられたサイボーグ「ペネトレーター」が主人公。本家の冷徹なターミネーターになりきったポルノ男優が、ペネトレートしろと命じられたセクシーな女性宅を訪ね、時間をかけてやりまくるという物語だ。

 ターゲットの女性を探し当てたペネトレーターは、女性のスリーサイズ、適した挿入スタイルなどを瞬時に計算し、「○○か」「私はペネトレーターだ。あなたにペネトレートするためにやってきた」と淡々とした口調で言い放つ。うれしそうに脅える女性に、ペネトレーターは、「落ち着け。悪い思いはさせないから」と声のトーンやアクセントまでシュワちゃんに似せながら言い放ち、おっぱじめるという内容だ。

 アメリカで最も有名なポルノ男優ロン・ジェレミーがコラボ出演しているのも見どころの一つ。ペネトレーターにダッチワイフを投げつけ、女性を奪い去るというコミカルなシーンに登場している。

DVDの特典映像で、ポルノ・パロディ入れてください!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  12. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  13. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  14. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  15. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  18. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  19. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー