略奪愛に恋愛依存体質、誰にも言えない秘密の恋……苦しみから解放されるには?

onayami-150216.jpg

 人には相談できない悩みって、誰もが持っているものですよね。友人や親に相談しても、はっきりアドバイスをしてもらえなかったり、相談するのも恥ずかしい内容だったり……。そんな中、第三者目線で的確なアドバイスをしてもらえるという占いサイト「シエロ」が話題を呼んでいるそう。今まで1人で悩みを抱えていた多くの人が問題解決への糸口を見つけているそうです。

 今回は、シエロを実際に経験したさやかさん(25歳)と匿名希望(24歳)のエピソードを紹介したいと思います。

■妻子持ちのあの人……

「私にはずっと片思いしている人がいました。それは職場の10コ上の上司です。誰にでも好かれるその性格と、愛くるしい笑顔が大好きだったのですが、彼は出会った時からすでに妻子持ちの身でした。『私のこの恋は絶対にかなわないし、誰にも話しちゃいけない』と自分の心に蓋をしました。

その頃、会社の女子の間ではやっていたのが『シエロ』です。私も皆に便乗して一緒に始め、先生のアドバイスを実践してみました。すると、思いを寄せていた上司から食事に誘われたのです!

彼は、つい先日離婚の決着がついたことを報告してくれました。そして、なんと私に『いきなりで驚くかもしれないけど、結婚を前提に付き合ってほしいんだ』と交際を申し込んできたのです!! 思いもしなかった展開に驚きましたが、『シエロ』の先生のアドバイスを実践して本当に良かったと心から感じました。完全に無理だとあきらめていたので、本当に夢のようです!」

■今思うと完全に恋に溺れていました

「当時私は、大学を卒業したばかりの新入社員として一般企業の事務で働いていました。学生の頃からずっと真面目と周りから言われてきたので、社会人になっても日々の業務を滞りなくこなしていました。

ある時、友人の紹介で知り合ったのが2つ下の男の子でした。私は出会った瞬間から彼に強く惹かれましたが、そんな感情になったのは生まれて初めてでした。私は強引に彼を誘い、お付き合いをスタートさせました。彼に尽くそうとするあまり、そのうち仕事にも行かなくなり、生活は機能しなくなっていました。今思うと、完全に恋に溺れた状態で数カ月を過ごしていたのです。

そんな時、私を心配して連絡をくれた友人が教えてくれたのが『シエロ』。占い師さんの声を聞いていくうちに、だんだん正気に戻っていく自分がいました。長い夢から覚めたような感覚で、それから生活を立て直していくのは本当に大変でしたが、半年後には社会に復帰することができました。

彼はいつの間にか私の元から離れていましたが、もしあのままの生活を続けていたなら、私は完全に堕落、人生を棒に振っていたことでしょう。あの時『シエロ』に電話をして本当によかったです」

誰にも相談できない悩みを1人で抱えていると、どんどん暗い気持ちになってしまうもの。希望が見えなくなってしまっても、「シエロ」は人生を救い上げてくれるかもしれません。

シエロ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  4. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  5. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  6. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  9. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  14. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  18. 『カウコン』意外な舞台裏
  19. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー