いつのまにか春から小5!

芦田愛菜、オファー激減で“消えた子役”へ! それでも「事務所はウハウハ」のカラクリ

芦田愛菜、オファー激減で“消えた子役”へ! それでも「事務所はウハウハ」のカラクリ

 芦田愛菜の急激な“露出減”について、12日発売の「週刊新潮」(新潮社)が原因を分析している。芦田のドラマ出演ギャラは、子役の相場20~30万円の倍ほどで、最盛期の2012年にはCM1本が6,500万円にまで高騰していたという。本田望結や谷花音など、ニューフェースの子役が次々とブレークし、制作側からもお声が掛かりづらい状態が続いているというが……。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

芦田愛菜、オファー激減で“消えた子役”へ! それでも「事務所はウハウハ」のカラクリのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ラギッド!子役明日、ママがいない芦田愛菜芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!