巨乳ブームの火付け役が……

イエローキャブ倒産! 小池栄子が背負う“3億借金”問題、佐藤江梨子は“セクシー路線廃業”へ!?

2015koikeeko200.jpg
借金亭主のおかげで、影のある女役が似合うように

 13日、老舗グラドル事務所「イエローキャブ」の自己破産が報じられた。1980年に創立、社長だった芸能プロモーター・野田義治氏の指揮の元、細川ふみえやかとうれいこ、雛形あきこら有名グラドルを次々とデビューさせたが、近頃では金銭難がささやかれていた。そして最後まで所属していた佐藤江梨子と小池栄子も、すでに次の道を歩み始めているようだ。

「一時代を築いたイエローキャブですが、異変が起こったのが2004年。経営方針から“追放”されてしまった野田氏が『サンズエンタテインメント』へと移り、それに当たって所属タレントの大半が離脱したんです。イエローキャブ残留組だった小池と佐藤以外には後進も育たず、次第に台所事情は火の車になっていきました」(スポーツ紙記者)

 12年には当時の社長が、社内で首吊り自殺を遂げるというショッキングな報道も。「一説には野田氏についていたスポンサーが支援を中断してしまい、結果資金繰りがショートしてしまったといわれています」(同)という。

 こうした中、佐藤は柄本明や美保純が所属する「ノックアウト」への移籍が発表されている。

「今月初め頃に、移籍のお知らせが届きました。舞台役者中心のプロダクションだけに、結婚したことを機に、本格的な女優路線を狙っているのでしょう。佐藤はこれまでも、作家・太宰治フリークを公言するなど、“文学愛好家”の一面も覗かせ、映画『斜陽』にも主演しています。芸能事務所に所属する歌手志望の女性を主人公にした小説の執筆歴もあり、今回の移籍は、セクシー路線との決別ととってもよいのではないでしょうか」(同)

 また一方で、特に移籍に際して音沙汰がない小池は、イエローキャブの破綻を報じた「東京スポーツ」で“独立”と伝えられている。

「同プロの稼ぎ頭は明らかに小池で、ここ最近でもNHK朝ドラ『マッサン』や『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)など話題作に出演する、第一線の女優。プライベートでは夫・坂田亘との夫婦危機説が何度も報じられており、かねてから独立や移籍が伝えられていました」(芸能プロ関係者)

 元プロレスラーの坂田には、以前より金銭トラブルがささやかれており、借金の総額は3億円ともいわれる。こうした事情から、夫婦には常に離婚説がつきまとっていたが、離婚を報じたメディアを小池は提訴までしたことも。最終的に小池は、夫だけでなく所属プロの骨屋台まで支え続けた、文字通りの“大黒柱”だったという。

「独自にプロダクションを興すのか、今後の活動を考えてどこか大手と業務提携を交わす可能性も。タレントにギャラの取り分9割を渡すエイベックスは、小池の獲得を画策していたという情報もあり、水面下では何かしらの動きが出ているかもしれません」(同)

 佐藤、小池、両者とも1月時点でイエローキャブとの契約は終了しているだけに、小池に関しても近々窓口の発表があると見られる。果たして“大黒柱”の行く末は――。

サトエリの文学的な育児エッセイが今から楽しみ~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ムショ飯はうまいのか?
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!