[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

関ジャニ∞・丸山隆平、情報番組MC決定にファン歓喜も「大惨敗・国分の二の舞いが不安」

maruchan01.jpg
パニクったら「パーン!」で切り抜けろ!!

 4月からスタートするTBS系の生放送情報番組のMCを、関ジャニ∞・丸山隆平が務めると12日付の「日刊スポーツ」が報じた。丸山の番組司会は初で、「僕が朝の番組MCをいただけるなんてっ! お話をいただいた時は、あまり実感がわかず、しばらくの間、喜びと驚きで放心状態でした」とコメントを発表したが、ファンの間では期待と不安の声が入り交じっているようだ。

 同紙によると、丸山の新番組は12年間にわたって放送され、松嶋尚美らがMCを務めている『知っとこ!』(MBS)の後枠での放送となる。レギュラーは丸山のほかに小堺一機、小島瑠璃子で、テーマは「健康」と「お金」。自身の健康問題について「まだ先のこと」と先送りにしがちな30代の代表として、丸山の司会が実現したという。

 2010年にスタートした『あさイチ』(NHK)のV6・井ノ原快彦、11年にはTOKIO・山口達也が『ZIP!』(日本テレビ系)のメインパーソナリティーに就任し、さらに昨年には同じくTBS系でTOKIO・国分太一の『いっぷく!』もスタート。ジャニーズ事務所所属タレントによる情報番組のメインMCが、さらに増えることとなった。

「突然の生番組司会決定に、ファンからは『丸ちゃん、司会おめでとう!』『土曜日朝に丸ちゃん見られるなんてうれしい』といった喜びの声があふれ返っています。しかし、ジャニーズ勢による朝の情報番組への進出には、『ここもジャニーズ枠になるのか……』『ちょっとやりすぎな気もする』といった批判も出ています」(芸能ライター)

 こうした中で、さらに番組の視聴率が伸び悩めば、丸山自身にも“傷”が付いてしまう危険性もある。

「かねてから伝えられている通り、『いっぷく!』は度重なるテコ入れも虚しく、現在視聴率は2~3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をウロウロしている状態。一部では、番組は3月で終了するものの、国分MCの新番組がスタートと伝えられており、そこでも大惨敗となれば明らかに“戦犯”は国分と決定付けられてしまう。丸山も国分の二の舞いにならなければいいが……と不安が募ります」(同)

 グループ内では、明るくお調子者の“ギャグ担当”キャラで、人懐こい笑顔が特徴の丸山。丸山のMCについてはファンからも「MC大丈夫なの?」といった心配の声も少なくないが、果たして井ノ原のように“新しい朝の顔”となることができるだろうか?

小堺一機は早急に、ヨコの丸山ハンドリング術を身につけて!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  9. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  16. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  20. 芦田愛菜、テレ東深夜転落

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 新春ジャニオタ放談
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー