噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第256回】

テレビ朝日は責任負わず?「ももクロ」妹分、12歳アイドルの“半身まひ”事故を隠蔽か

jisin150210.jpg
「女性自身」2月24日号(光文社)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 「内閣支持率」58%、「イスラム国対応の安倍政権の対応評価する」60%、「最終的には自己責任」83%、「人質事件の政府対応は適切」90%――。2人の人質が殺された後の世論調査の結果だ。日本人って本当に素晴らしい。国にきちんと税金を払って、それでいて国に従順で、国に責任を問うなんてもっての外で、もちろん憲法で保障されている生命や安全だって全て自己責任。国の最高責任者の無作為を失策とも思わず、政府を批判する奴は国賊だ! 消費税がアップするのも年金が減るのも、社会保障費が減るのも国がそういっているのだから当然――。安倍政権の国民の洗脳は着々と実を結びつつある。 

第255回(2/5~10発売号より)
1位「『半身まひ状態に――』12歳アイドル『嗚咽の病室』!」(「女性自身」2月24日号)
2位「“のりピー元夫“高相祐一直撃インタビュー ASKAとトランプの思い出」(「週刊女性」2月24日号)
3位「美元ママに! 海外でつかんだ“新しい幸せ”」(「女性セブン」2月19月日号)

 「ももいろクローバーZ」の妹分として売り出し中のアイドルグループ「3B junior」の12歳メンバーがテレビの収録中、意識不明となる事故が起こった。事故があったのは1月28日、「3B junior」の初の冠番組『3B juniorの星のくず商事』(BS朝日)の収録中、声が変わるヘリウムを吸い込んだ直後に倒れて意識不明となったのだ。これを受けてテレビ朝日は2月4日になって会見を開いたが、事故から1週間もたってからの会見に“隠蔽ではないか”と批判も巻き起こった事件だった。

 テレ朝は会見で「これまではっきりした原因の特定に至っていなかったことや、当初は早い回復が見込まれ、容体の推移を見守っていたことなどから公表を控えておりました」などと釈明したが、このコメントこそ隠蔽を証明したものといえる。そもそも過去にはヘリウムを使用した未成年の事故や死亡例もあり、実際に少女が使用したものは「大人用」だった。にもかかわらず、それを12歳の少女が“仕事”で使用したのだ。しかも“大人”のスタッフの指示によって。もちろん局サイドの責任も重大だ。

 しかし案の定、同じスネに傷を持つテレビ各局の情報番組やワイドショーはこれを取り上げるはずもなく、黙殺したまま。だから、多くの人はそんな事故があったことすら知らないのではないか。そんな中、今週の「自身」は事件を掘り下げて報じている。そこから浮かび上がってくるのが、テレビ局の隠蔽体質と事故に対する反省なき姿だ。

 そもそもテレ朝は“少女”の実名も書かしていない。これは本人や家族の意向もあるが、すでに芸能界で活躍しているグループなのにあまりに不可解だ。また「自身」が会見の2日後にテレ朝に少女の状況を聞いても、「状況は会見のときと変わっていません――」と歯切れが悪い回答だった。要するに「食事をすること」はできる、しかし「意識は完全に戻っているわけではない」という状態らしい。しかも関係者によると体の半身が動かない“まひ状態”にあるといい、また専門医師は「障害が残る可能性」も示唆している。

サブレがい~仕事してくれました

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク