[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

「主演は山田涼介なのに」嵐・二宮和也、『暗殺教室』の声優疑惑にファンは浮かない顔?

2015ansatsu.jpg
『暗殺教室』公式サイトより

 Hey!Say!JUMP・山田涼介が主演する映画『暗殺教室』(3月21日公開)に、嵐・二宮和也が「出演しているのではないか」とジャニーズファンの間でウワサになっている。「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の同作は、謎の生物「殺せんせー」を暗殺するよう政府からミッションを課せられた生徒たちの奮闘を描く、ブラックコメディー。山田は今作で映画初主演を務め、高嶋政伸や椎名桔平、山本舞香、元KARAの知英らが出演することでも注目を集めている作品だ。

 松井優征氏による同名マンガ『暗殺教室』は、2年半で累計発行部数1,100万部を突破した人気作。以前から原作のファンだったという主演の山田は「女の子っぽい男の子」の潮田渚役を演じている。主要キャラクター・殺せんせーはCGで表現されているが、その声の主は、公開決定が明らかになった当初から公になっていない。公式サイトでは2月に入ってからも殺せんせー役は「????」と伏せられた状態になっている。

「しかし、予告編を見たジャニーズファンからは『殺せんせーの声がニノにしか聞こえない』『まんま二宮の声』『ニノと声が瓜二つ』という声が続出。『声が似てるだけ?』と疑うコメントもありますが、不自然なまでに声優がシークレット扱いとなっていることが、かえって疑惑を強めているようです。まだ二宮が殺せんせーの声を担当しているという確定情報はないものの、山田のファンは『記念すべき初主演映画なのに……最悪』『殺せんせーの声がニノでもいいけど、主演は山田』『初主演映画が(二宮の)バーターみたいになる』と、二宮に話題が持っていかれることで山田の印象が薄まると懸念する人も。舞台挨拶の倍率が『高くなる』と不満を漏らす書き込みも上がっていました」(ジャニーズに詳しい記者)

 また、同作に関しては主題歌が殺せんせープロデュースの9人組ボーカル&ダンスグループ「せんせーションズ」が歌う「殺せんせーションズ」という楽曲に決定したことが、先日明らかに。DVDシングルとして3月18日に発売されるが、Hey!Say!JUMPも9人で活動しているとあって、「せんせーションズの正体はJUMPだよね」と、ファンの期待も一部で高まっている。

「せんせーションズのDVDは、嵐やHey!Say!JUMPも所属するレコード会社『J Storm』からリリースされることが判明しており、HPでもリリース情報を告知済み。同社は映画の製作にも名を連ねていますし、この一件からも二宮が同作に関わっている可能性は高いとみられています。殺せんせーがプロデュースするユニットと発表しているだけに、SMAP・中居正広とKis‐My‐Ft2の派生ユニット・舞祭組のような形も連想してしまいますね」(同)

 果たして殺せんせーの声はファンの予想通り二宮なのか、正式発表に注目が集まる。

嵐からJUMPへ、担降りキャンペーンの一環ですよ~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!