[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

KAT-TUN・亀梨『セカンド・ラブ』初回8.2%、Sexy Zone・中島『黒服物語』下回る出足

2015secondlove.jpg
『セカンド・ラブ』(テレビ朝日系)公式サイトより

 KAT‐TUN・亀梨和也主演ドラマ『セカンド・ラブ』(テレビ朝日系)が、2月6日に初回を迎え、第1話の視聴率は8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。同作は深田恭子との激しいラブストーリーをテーマにした“夜メロ”で、裸で身を寄せ合う番宣ポスターも話題に。放送前から注目を集めていたが、初回は1ケタスタートと厳しい出足になってしまった。

 亀梨演じるコンテンポラリーダンサーと、不倫関係から抜け出せない高校教師(深田)が恋に落ちる模様を描いた『セカンド・ラブ』。脚本は『セカンドバージン』(NHK総合)などを手がけた大石静氏が担当しており、濃厚なラブシーンを期待する声が高まっていた。

「第1話から2人のキスシーン&ベッドシーンがあり、特に深田は着替えるシーンのキャプチャ画像がネット上を賑わすなど、『セクシーすぎる』と話題になっていました。少し前までは引き締まった肉体を写真集などで披露し、一部の“ぽっちゃり深キョン”好きが落胆していましたが、今作はまたぽっちゃりしたスタイルに戻っており、男性ファンから好評なよう。視聴者からは『昼ドラみたいな展開』『急展開すぎる』『キスシーンの音が生々しい』というツッコミが入っていたものの、『おもしろくてハマりそう』と、今後の展開を楽しみにしている反応も上がっていました」(芸能ライター)

 しかし、初回視聴率は2ケタを割り、8.2%を記録。前クールでSexy Zone・中島健人主演『黒服物語』の初回9.3%を下回る形となってしまった。

「番宣もバッチリやっていましたし、テレ朝としても同作に力を入れているのが伝わってきます。翌日の深夜には早くも1話のダイジェスト版を放送しており、これ以上の低迷は避けたいところでしょうね。亀梨ファンからは『亀ちゃんの色気ハンパない』『亀ちゃんかっこいい』と、喜びの声が漏れ、次回予告で流れた亀梨のバレエシーンにも注目が集まっています。亀梨や深田の奮闘が視聴者に伝わると良いのですが……」(同)

 放送前から話題になっていたものの、初回は今ひとつ数字が伸びなかった『セカンド・ラブ』。前クールで後輩の中島主演作『黒服物語』が記録した全話平均7.6%を上回ることができるだろうか?

生々しいキス音&ダンサー設定が『きみペ』とかぶる~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  15. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  18. ムショ飯はうまいのか?
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!