その他
【ジャニーズ研究会レポート】

歌やダンスよりもアレを重視するジャニーズWESTは、“ジャニーズのゴールデンボンバー枠”!?

jfujii02.jpg
そういえば、流星とすっぴん樽美酒は同じ路線価も

【ジャニーズ研究会より】

<ジャニタレ・掲載誌チェック!!>

 ニューシングル「ズンドコ パラダイス」を2月4日にリリースしたばかりのジャニーズWEST。「オリスタ」(オリコン・エンタテインメント)2月16日号では彼らが表紙&インタビューに登場です。

 ジャニーズWESTといえば、メンバー全員でボケたりツッコミながら答えるインタビューのテンションの高さでおなじみ。「ええじゃないか」「ジパング・おおきに大作戦」に続く、“ナニワ”な新曲のタイトルを聞かされたときには、「全然『えぇ~!?』とかならなかったな。もう感覚がマヒしとるわ(笑)」(濱田崇裕)と、心なしか余裕を感じさせるコメントも飛び出しました。今作のミュージックビデオ(以下、MV)はコント番組やクイズ番組、歌番組など、レトロな昭和のテレビ番組をモチーフにしたものになっています。このMVについても「俺らのMV観たあとにNEWSさんの『KAGUYA』のMV観たらヤバイですもん。同じジャニーズやのに」とこぼす小瀧望に、「俺ら、若干ゴールデンボンバー寄りっすもんね(笑)」と藤井流星が自虐ネタをかぶせるという、デビュー1年目のフレッシュさがまるで感じられないトークを展開。

 ですが、このジャニーズにおける“ゴールデンボンバー枠”としての自負は強いようで……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク