「山P、大丈夫!?」『アルジャーノンに花束を』主演・山下智久の演技力を不安視する声

yamashita0206.jpg

【日刊サイゾーより】

 歌手で俳優の山下智久が、4月スタートの連続ドラマ『アルジャーノンに花束を』(TBS系/金曜22時~)で主演を務めることが明らかとなり、演技力を不安視する声が相次いでいる。

 原作は、ダニエル・キイスの同名ベストセラー小説。幼児並みの知能を持つ精神遅滞者の青年が、手術によって高いIQを手に入れ、愛や憎しみなどを知っていくヒューマニズム作品。『高校教師』(同)や『明日、ママがいない』(日本テレビ系)の野島伸司氏が脚本監修として、現代の日本に置き換えるという。

「撮影は1月からスタートしており、都内では窪田正孝や前田公輝らと撮影する様子が目撃されている。山下は、昨年10月に書類送検された“六本木スマホ強奪事件”以降、謹慎として目立った活動を控えていましたが、同作で復帰。この評判次第で、今後の活動が大きく左右されそう……

続きを読む>>>

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク