愛した女が金持ちだった!?

チャンカワイだけじゃない!? 逆玉婚で「遺産狙い」「キャラ崩壊」と批判殺到の芸人

wenjin_gyakutama.jpg
『Wエンジンの惚れてまうやろーっ!!~モテない男の心の叫び~』/ジェネオン エンタテインメント

 お笑いコンビ・Wエンジンのチャンカワイが、先月31日に結婚していたことを自身のブログで報告した。お相手は昨年10月放送の『スクール革命!』(日本テレビ系)の「婚活バスツアー」でカップルとなった一般女性で、6日付のスポーツ報知によれば、実兄が社長を務めている会社の副社長という。かつてはアジアン・馬場園梓との交際で知られたチャンカワイだが、予想外の“逆玉婚”にネット上では驚きの声が出ている。

「かつて馬場園との交際中には、バラエティやイベントで必ず馬場園ネタを繰り出し、売名丸出しとネット上では批判されていました。さらに破局後、テレビで初共演した際にもお互いの悪い部分を暴露しあうなど、最後の最後までネタにしていましたね」(芸能ライター)

 そんなチャンカワイが行き着いたのは、蛯原友里似の会社役員。ネット上では「逆玉、すごいな」「馬場園より良かったんじゃない?」といった声が出ている。

 一般女性とお笑い芸人の結婚は珍しいことではないが、今回のように“逆玉”となる結婚はこれまでも何度か報道されている。チャンカワイの事務所後輩でもあるハライチ・澤部佑は、批判を恐れたのか妻となった大手クリーニングチェーン社長令嬢の正体を、徹底してひた隠しにしていた。

「結婚直後には、一部メディアが嫁の素性を掴んでいたのですが、報道を自粛するよう澤部の関係者から物言いがあってボツになってしまったそうです。その後、一部週刊誌で妻の肩書が明らかになってからは、澤部を『モテない童貞キャラだったのに』『イメージが崩れる』など、色眼鏡をかけて見る人が増えた。チャンカワイは、澤部のように後で騒がれるくらいならと、先に奥さんの正体を明かしたのかもしれません」(週刊誌記者)

 さらに自ら逆玉ぶりをネタにしているのが、2006年に婿養子となったダイアン・津田篤宏。結婚後に妻の祖母と養子縁組をしたこと、そしてこの祖母が大金持ちで、高級時計に外車までプレゼントされたとバラエティで明かしたことが話題になった。「ネット上では『政略結婚だったのでは』と後ろ指をさされていました」(前出・ライター)という

「浮き沈みの激しいお笑い業界、一部の大物芸人以外は、食い扶持がなくなる恐怖をいつも感じているはずです。チャンカワイも、『惚れてまうやろー!』以外に目立ったギャグもなく、ネットユーザーからも『生活が安定しそうでよかったね』といわれています。今後、一発屋として顔が売れた芸人を中心に、逆玉婚を狙う流れができるかもしれませんよ」(前出・ライター)

 次に逆玉婚をする芸人は誰なのだろうか?

これがキンコン・西野だったら「ヒモ芸人」くらいは言われてる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー