「薄っぺらい」とダメ出しの嵐

『いっぷく!』打ち切り報道! TOKIO・国分太一は続投も「もういらない」とアンチ急増

2015ippuku.jpg
『いっぷく!』(TBS系)公式サイトより

 6日付の「東スポWeb」配信ニュースで、TOKIO・国分太一がメインMCを務める『いっぷく!』(TBS系)が3月で終了すると報じられた。裏番組のV6・井ノ原快彦MC『あさイチ』(NHK)が高視聴率を獲得する中、対抗馬に先輩・国分が就任するという前代未聞の番組だった『いっぷく!』だが、たったの1年で打ち切りが決定したようだ。

 記事によると『いっぷく!』は3月いっぱいで終了し、4月以降の新番組では、引き続き国分がMCを担当、さらには国分と同じ藤島ジュリー景子副社長派閥であるとされる関ジャニ∞メンバーの起用も計画されているという。

「いつもは『東スポだから、信ぴょう性があるかどうか』となるところですが、今回に関しては断定的に報じていることもあってか、『低視聴率だったし、しょうがないよね』といった意見が。さらに国分に関しては、昨年12月に『すぽると!』(フジテレビ系)のキャスターを降板したこともあって、擁護の声はあまり出ていないようです」(芸能ライター)

 5年間担当した『すぽると』キャスターだったが、出演終了に前後して「現場の評判は最悪」という報道が。一部では「事実上クビ」とまで伝えられており、今回の番組終了に関しても「そもそもMCは無理があったのでは」という意見が殺到。「薄っぺらなコメントばかり」「見飽きたんだけど」「番組を打ち切るんじゃなくて、国分を降板させたら?」など、国分への批判コメントがあふれ返っている。

「『いっぷく!』は『あさイチ』をはじめ、裏番組の『スッキリ!』(日本テレビ系)『とくダネ!』(フジテレビ系)にまったく歯が立たず。その原因として、やはり国分の能力が問われてしまうのは当然の流れです。国分アンチ急増の気配がひしひしと伝わってきます」(同)

 こうして「国分戦犯論」が沸き上がっているのに、不可思議なのは新番組で国分が続投するという点だろう。

「後輩の裏番組に割り込み、民放では初の情報番組メインMCに就任させるという力の入れっぷりでしたから、やはりTBSがジャニーズサイドや国分のメンツを保ちたいというところでしょうか。『東スポ』記事内では、ジャニーズ内の派閥問題にも触れられており、TOKIOや嵐を擁するジュリーとの『ホットラインを保ちたい』という説が書かれています。しかし、もはやMCとしての底が見えてしまっている国分に、これ以上固執する必要があるのかはわかりませんが」(週刊誌記者)

 17年半続いた『はなまるマーケット』の後を引き継いだにもかかわらず、わずか1年での終了となった『いっぷく!』。4月からの新番組の結果次第では、それこそ国分のMC生命を左右しかねないだけに、TBSやジャニーズにとっても正念場となることは間違いなさそうだ。

「松岡なら毎日見る!!」と鼻息荒すぎなファンも

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー