【掘り出し☆芸能放談】

長嶋一茂、落書き騒動で笑いを取る! 辻仁成はあの名言をギャグ化!? タブー解禁の芸能人

2014nagashimakazu.jpg
『ポストマン』/ジェネオン エンタテインメン

芸能マスコミの片隅で働く、茶飲み友達の女2人組が、インターネットの情報の渦に埋もれた芸能ネタを、頼まれもしないのにほじくり返す!!

A子……31歳 芸能誌編集者。美容オタクで芸能人の劣化・激太りには目を光らせている。松田龍平の大ファンで、ドラマ・映画は欠かさずチェック。
B美……28歳 人生の半分以上をジャニーズに捧げている、ジャニヲタ歴20年超の芸能ライター。今一番気になるアイドルはKis-My-Ft2・北山宏光。

B美 この前の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系、2月5日放送)見た? 長嶋一茂があの“江角マキコ、長嶋邸落書き事件”をネタにしまくってて、大爆笑したわ。

A子 一茂って、去年くらいから、結構、落書き騒動に言及してるよね。前も『ダウンタウンDX』(同、14年11月20日放送)で松本人志が周りの出演者に向かって「わかってると思いますけど『落書き』とか言わないでください」って触れたら、一茂が「うれしいです。僕からは言えないので。言っていただいた方がスッキリするんですよ」と答えてた。松ちゃんも、あの「バカ息子」っていう落書きにハマったんだろうね。

B美 そうそう。で、今回の『DX』でも不動産屋の話から、自分の家を「例の家」って言ったり、内田恭子が壁塗りにハマってるという話をしてたら、松ちゃんが「壁を塗ったりとかする話はヤメてもらって……」とイジってた。一茂も内田の家の写真を指して、「これ塗ってほしかったよ!」と、乗っかってみたりね。

A子 あの落書き事件、一茂の家族にとってはとんだ災難だし、江角マキコにとっては芸能人生命の危機にまで発展した一大騒動だったよね。でも正直な話、あの「バカ息子」には相当笑った。これって一茂のことでいいんだよね(笑)?

B美 『ビートたけしのTVタックルSP』(テレビ朝日系、12月28日放送)では、爆笑問題の太田光に「バカ息子って一茂さんのことなの?」って聞かれて「そうですよ」とあっさり認めてたらしいね(笑)。あと「バカ息子」って呼ぶのは、明石家さんまだけだから、「犯人はさんまさんだと思った」って冗談で言ったり。結構引き出しあるわ~、一茂。

A子 仕事も増えたんじゃない? もはや「バカ息子」バブルよ。江角の悪口センス、スゴイよね。でも、自分から率先してネタにしてるワケではないものの、あの事件にちゃんと言及できるなんて、一茂もたいした図太さだわ。タブーに斬りこんでるっていうか。

B美 一茂、ネタにして今後につなげようとかは、そこまで深く考えてなさそうじゃない? やっぱりお坊ちゃん育ちだから、貪欲さはない。来た球を打ってるだけでしょ(笑)。まぁでも、ネットで「長嶋一茂」って検索すると関連ワードに「バカ息子」って出てくるし、しばらくこの話題はついて回っちゃうよね~。

A子 去年の騒動といえば、佐村河内守の「ゴーストライター告白」で一躍有名になった新垣隆も、あの件をきっかけに売れたよね。「女性セブン」(小学館、12月4日号)でグラビアデビューしたときはビビった。騒動のときは、真面目で実直な冴えない男だったのに、茶目っ気たっぷりのオジサンだったんだなと。会見を行ったのは2月でグラビアデビューが11月……でもいいタイミングだったよね。世間から批判を浴びない、けど世間から忘れられてないっつータイミングが9カ月後だったのかも。ってか、世間を騒がせた人物がグラビアデビューなんて、美奈子と同じような流れじゃない? あっちは叩かれまくったけど。

B美 新垣さん、昨秋放送の『どぅんつくぱ~音楽の時間~』(フジテレビ系)で、独特の雰囲気醸し出してたよね。スゴイ棒読みの解説と、ハニカミ笑顔で「ラジャー」って挨拶したり。あと、いま放送中のドラマ『ゴーストライター』(同)は、佐村河内と新垣さんのゴーストライター騒動が題材になってる。放送後、HPに新垣さんが感想を語る動画がアップされてるし、本当にまさかこんなふうに取り上げられるようになるとは思わなかったよ。

A子 騒動に乗っかって「オレら、タブーに斬り込んだっしょ?」ってドヤるフジの社風、なんなんだろう。つーかこの動画、新垣さんに「女性に曲をプレゼントしたことはありますか?」なんて質問してるよ! しかも新垣さん「なくはない」とか照れ笑いしてるし……。新垣さんファンはたまらないんじゃない? でも、今は新垣さんにベッタリのフジだけど、使い道なくなったら見捨てそう。……女の敵みたいなテレビ局だな!

「バカ息子」は一茂自身であり一茂の生き様でもある

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク