女性の乳房を巡るご都合主義「母のおっぱいはエロくない」「でも隠れエロ要素として消費できる」

【messyより】

shibatasan0205cw.jpg
(C)柴田英里

 すこし前の話ですが、京都新聞が1月21日に公式Twitterで、『おっぱいは誰のものか?…京都の研究会が「文化論」出版』という記事を紹介するために発言した内容に批判が集中、該当ツイートを削除して謝罪しました。問題になったのは、「おっぱいは、赤ちゃんのものですよね」「それとも、おっぱいはお父さんのものなのでしょうか?」「ああ、結婚してなければおっぱいは彼氏のものですよね」という一連のツイートです。

 月亭可朝さんの昭和を代表するコミックソング『嘆きのボイン』の歌詞にかけたと推測できますが、「ボインはお父ちゃんのもんとちがうのんやで、」という本家の歌詞と、「ああ、結婚してなければおっぱいは彼氏のものですよね」と「女性の乳房は男性の所有物である」と暫定的に断定するような京都新聞公式Twitterのツイートとは、印象と意味に大きな違いがあります。「女性の身体は女性本人のものである」「とても差別的な発言なので、考えるきっかけにはなりません」という批判が寄せられたのも当然の結果です。

続きを読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク