チクリと刺すのがお上手

『相棒』、成宮寛貴卒業! 芸能関係者が恐怖した“独裁者”水谷豊のはなむけの言葉

aibou13.jpg
『相棒 season13』(テレビ朝日系)公式サイトより

 人気刑事ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の“3代目相棒”として出演してきた成宮寛貴が、3月放送予定の最終回をもって卒業することが4日、明らかになった。ファンからは「淋しい!」という声が相次ぐと同時に、“あるうわさ”についての意見も飛び交っている。

 2012年から水谷豊演じる杉下右京の相棒・甲斐享役を務めてきた成宮は、「今あるものすべて出して、悔いのないように、応援してくださったファンの方々の気持ちを最後まで背負って、このシーズン13を締めくくれればと思います」とコメント。「特に水谷さんとご一緒できたことは、俳優としてもたくさん勉強になりましたし、人間としても成長でき、心から感謝しています」とも述べている。

「しかし、かねてより『相棒』シリーズの“独裁者”として伝えられているのが水谷です。相棒役の交代は、ほかならぬ水谷本人の意向だといわれています」(週刊誌記者)

 水谷は昨年、長年『相棒』を共に作り育ててきたプロデューサー・A氏を現場から“追放”(既報)していた。

「さらに成宮の処遇についても、A氏と意見が割れていたといわれています。水谷は成宮の演技力を問題視し、制作関係者に『次シリーズでカイト君(甲斐享の愛称)を殉職させたらどうか』と提案していたという話ですからね(既報)。成宮の卒業に関しては、初代・寺脇康文や二代目・及川光博とは『違った内容になる』と伝えられているだけに、“殉職説”にも拍車が掛かりました」(同)

 また、今回の成宮の卒業発表に対して水谷が寄せたメッセージにも首を傾げている者が多いようだ。

「あれだけ成宮に対して文句を言っていたにもかかわらず、今回の卒業について水谷は『カイト君は2年の約束で相棒として入ったのですが、制作サイドも僕も、どうしても1年延長してほしいとの思いを申し入れたところ、快く受けてくれました』とコメント。この“延長”という取ってつけたような内容をサラリと発表するところもまた、独裁者・水谷の恐ろしさを感じさせます」(芸能ライター)

 今シーズン終了まで2カ月を切っているが、“次期相棒”候補には、すでに仲間由紀恵や織田裕二の名前が浮上している。しかし、ネット上では「織田裕二なんて主役級が“相棒”役なんて、無理でしょ」「女の“相棒”ってどうなんだろう……」などと、いずれも微妙な反応だが、早々に「チェンジ」などといわれないような相棒は誰になるのか。

橋田壽賀子先生のところで嫌味な舅役をやらせたい逸材

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  8. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  15. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  16. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  19. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  20. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに