[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

SMAP・木村拓哉、嵐・相葉雅紀、山下智久……4月新ジャニーズドラマの“マル秘”業界評

kimuratakuya11.jpg
こちとら元祖失敗しない男なんで!

 嵐・相葉雅紀の月9初主演ドラマ『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)の4月スタート(既報)が正式発表された。相葉初の“月9主演”にはネット上でさまざまな意見が出ているが、本作以外にも4月からのジャニーズ事務所所属タレントによる主演ドラマは、いくつも計画されている。その“業界評”に迫った。

 現在『ウロボロス~この愛こそ、正義。』(TBS系)が放送されているTBSの金曜午後10時台の枠では、山下智久主演の『アルジャーノンに花束を』が放送されるという。

「すでにネット上では、都内でのロケ目撃情報が多数アップされているようですが、2002年にフジテレビ系で放送されたユースケ・サンタマリア主演ドラマ『アルジャーノンに花束を』の最新版となるようです。ヒロインは栗山千明で、プロデューサーは韓哲氏。同氏はSMAP・中居正広主演で栗山がヒロインだった『ATARU』も担当しているだけに、安定の組み合わせでしょう。山下は昨年の“スマホ強奪事件”での書類送検後初の大仕事だけに、否が応でも注目が集まっています」(週刊誌記者)

 SMAPのチーフマネジャーで、現在は山下も担当している飯島三智氏による“お膳立て”とみられる同枠で、山下は高視聴率での“みそぎ”を果たせるか。

 また相葉主演の月9に関しては、業界以上にファンからの“悲鳴”が飛び交っているようだ。

「確定報道直後から、ネット上では『月9はちょっと荷が重いような……』『叩かれないか不安』などと、視聴率や演技面に対する心配の声が少なくありません。またプロデューサーの羽鳥健一氏は、1999年のドラマ『Vの嵐』以外は嵐とタッグを組んでおらず、ジャニーズ出演作品でも、ここ最近は『信長協奏曲』程度とあって、やはり放送内容や結果が不安視されています。なお、一部週刊誌では相葉と北川景子のドラマ共演が伝えられていますが、本作では北川の出演はないようです」(テレビ局関係者)

 そして米倉涼子主演『ドクターX~外科医・大門未知子~』の枠である、テレビ朝日の木曜午後9時台は、SMAP・木村拓哉が同局で初の連ドラ主演を飾るという。

「一度は流れた企画でしたが、その後あらためて制作が決定に。すでに一部週刊誌でも伝えられていますが、マンガ『アイ’ム ホーム』(小学館)が原作となるようです。プロデューサーの横地郁英氏は木村が主演した『宮本武蔵』、またKis‐My‐Ft2・玉森裕太主演の『信長のシェフ』でも担当だっただけに、これまた完全な“飯島派閥”の作品。超高視聴率を記録した『ドクターX』だけに、数字次第では徹底的に叩かれることとなりそうです」(広告代理店関係者)

 いずれもジャニーズ主演とあって、特に視聴率に関しては厳しい目で見られることとなりそうだが、まずはそれぞれの正式発表を期待して待ちたい。
(須田恭也)

あの『Vの嵐』のプロデューサーなんて楽しみ(震え)

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  15. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  18. ムショ飯はうまいのか?
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!