月刊「加藤家の食卓」

加藤茶の「ガーリックトーストの歌」が怖い! 綾菜はFacebook流出……疑惑の夫妻の1カ月

katoucha01.jpg
代表作「ガーリックトーストの歌」

 今、ネットユーザーから最もウォッチされている夫婦・加藤茶と綾菜。2011年6月、茶が当時23歳の綾菜と“45歳差婚”を果たして以来、その親子以上に離れた年の差に「遺産狙い説」が噴出し、結婚から丸3年たった今もその説には拍車がかかるばかりだ。ザ・ドリフターズの一員として、「カトちゃんぺ」のギャグで一世を風靡した茶が、再び“嫁ネタ”で世間を騒がせている今、毎日のように浮上する“疑惑”エピソードの数々を月刊でお届けする。

■いつの間にか消えた愛犬“ポッポ”の行方が話題に
 11年8月、加藤茶のブログ開設当初、頻繁に登場していた愛犬のポッポ。当時、1歳1カ月のティーカッププードルで、性別はオス、茶自らが名前をつけたと紹介され、写真も多数アップされていたが、12年9月を最後に、ポッポが突然ブログから姿を消した。茶の説明によると、綾菜の祖母宅に遊びに行っているとのことだが、夫妻の熱心なウォッチャーの間では、かねてから「飼犬放棄」「ポッポをどこにやった!」と疑問の声が噴出、ポッポは“疑惑の犬”として広く知られることとなった。

 そんな中、1月2日の綾菜のブログに、トイプードルとおぼしき犬が見切れている写真が掲載された。この写真が撮られたのが綾菜の実家だったこともあり、「これはポッポじゃないか?」と指摘するウォッチャーが続出したものの、一方で「まさか生前の写真を使い回しているのでは」「ポッポの兄弟犬かも」と疑問視する人も。コメント欄で「ポッポ」に触れると、なぜか消されてしまう怪現象も起こり、謎は深まるばかりである。

■戦慄の「ビーフシチューの歌」公開
 1月5日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)にて、夫妻の密着VTRが放送された。昨年話題になった茶の重病説を「処方された薬が合わなかった」と弁明したが、それ以上に波紋を呼んだのが、茶作詞・作曲の「ビーフシチューの歌」の動画だった。茶が両手をパタパタと広げたり閉じたりを繰り返しながら、「ビーフシチューを一緒に食べました一緒に食べたら絶品です」という自作の歌を歌っている動画で、茶いわく「(綾菜に)やらされてるんです」という。当の綾菜は「かわいくないですか?」と上機嫌だったが、ウォッチャーからは「犬に芸を教えてるみたい」「茶がかわいそう」といった意見が飛び交い、ある種の“戦慄動画”として一気に話題になった。

 茶は8日に、「リクエストに応えて」と、ブログに「ビーフシチューの歌」とテレビ未公開の「ガーリックトーストの歌」の動画をアップ。そこには、テレビではカットされていた、綾菜の「下がって、はい、せーの! ガーリックトーストの歌、歌って!」という厳しい指導の声も含まれており、再びウォッチャーを戦慄させることに。「あーたん(編註:綾菜のこと)の作ってくれたガーリックトースト♪」と歌う茶を、薄ら笑う綾菜の声もまた、見る者を一層怖がらせた。

志村けんにとっての上島竜兵が、綾菜にとっての茶

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク