[女性誌速攻レビュー]「美人百花」2月号

コンサバもギャルも嫌!? 喧嘩上等の「美人百花」が抱える“美人”になり切れない葛藤

bijinhyakka201502.jpg
「美人百花」2015年2月号(角川春樹事務所)

 今月から新たに「美人百花」(角川春樹事務所)のレビューが始めまります。「美人百花」……あらためて手にとってみると、なんですかこのピンクの応酬は! しかも、雑誌のキャッチコピーは「コンサバより若くて華やか、ギャルより可愛くてリッチ、25歳からのバラ色のおしゃれ人生をフィーチャー!」とのこと。自己肯定がすぎて、コンサバにもギャルにもケンカを売っていますが、元気があるのは素晴らしきかな! 早速読んでいきましょう。

<トピック>
◎コレが私の笑顔のもと!
◎美人たちの「本命コート」と「コートの中身」総ざらいSNAP
◎逆引き「ホムパ鍋」百花

■優木まおみが“余裕”を体現

 今月の第1特集は「コレが私の笑顔のもと!」。「美人百花」御用達のモデルやタレントが、それぞれの「笑顔のもと」について語っています。登場するのは、美香、矢野未希子、優木まおみ、鈴木えみなどほとんどは既婚者。美香は「大事なものは家族」、鈴木えみも「家族の存在が私にとってなにより」と、家族の大切さを訴えます。そんな中、昨年出産した優木まおみは、「去年より今年、今年より来年、どんどん幸せが増えるといいな」「迷いがなければ無駄な時間も減って、生活に余裕が出る」と、家族という文字は1つも使っていないものの、家族のいる幸せを訴える“余裕”発言をかまします。一方で独身なのは、AKB48の小嶋陽菜。アイドルだけに恋愛も禁止なので「同世代の女の子と情報交換するだけで楽しくて、女のコに生まれてよかった!」という、違うアプローチで自身の「笑顔のもと」を紹介しています。

 登場するモデルやタレントに、既婚・独身、子どものあるなしが混在しているのは、“読者層を限定していない”ということにもつながります。「美人百花」は、“結婚して家族を持つ喜び半分”“女子である喜び半分”の2つの要素で構成されているようです。それは、「25歳以上」という読者の年齢設定ともリンクし、読者が結婚していてもしていなくても、自己肯定感が得られる作りになっているのかも。この点が、「なにがなんでも結婚しなくては!」という女性誌や「結婚してる人しか読者じゃないもん」という女性誌と異なっていると思います。

 ちなみにこの特集は、各々の「笑顔のもと」にちなんだファッションを紹介しています。例えば、「女の子に生まれてよかった!」という小嶋陽菜は、「ピンク」や「ハート」という女の子らしいアイテムを取り上げているし、「余裕」がテーマの優木まおみは、「バーキン」や「ホームパーティー」を紹介と、ここでもまたバリエーションの幅広さを見せています。

美人というプライドを持ちたいという意識はビンビン

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  16. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  17. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  18. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. トランプ就任式はしょぼくてもOK!

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム