押切もえの新作小説は、魂から放たれるS.O.Sなのか

【messyより】

moe0109cw.jpg
押切もえオフィシャルブログより

 2013年に『浅き夢見し』(小学館)で誰も予想しなかったし、求めてもいなかったであろう小説家デビューを果たした押切もえが、2作目となる短編小説を『小説新潮』1月号(新潮社)に発表なされたと聞いて、ものすごく読むのを楽しみにしていました。

 押切先生と言えば「見るたびに顔が変わっている整形顔面劣化女」だとか「方向性が定まらなさすぎの自己啓発マニア」だとか【messy】上では、突っ込まれキャラとしての立ち位置を確立しつつあるようですが、押切先生の悪口はそこまでだ! 野間口貴彦(元カレのプロ野球選手)が許しても、あたしゃ許さないよ! なぜなら、私は作家としての押切先生の大ファンなんですから。

続きを読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク