“レコーディング・セックス”岡田斗司夫氏が退院も、止まらぬ暴露合戦「小さくて細いので処女向き」

okadatoshio0106waku.jpg
Twitterより

【日刊サイゾーより】

 “愛人セックスリスト流出騒動”以降、入院していたプロデューサーの岡田斗司夫氏(56)が30日、Twitterで「退院しました! 外食するぞ! まずは松屋の『カレ牛』だ!」と報告した。

 事の発端は、昨年大みそか。岡田氏の元愛人がネット上にキス写真を流出させ、騒ぎに。岡田氏は「当たり前ですけどニセ写真です」と一度は否定したが、女性が交際の証拠を次々と流出させたため、今月9日に本人が本物と認める動画を投稿。同時に、現在愛人が9人いることや、過去に「80股をしていた」などと告白した。

 さらに17日、何者かによって、岡田氏が記していた“裏セックス名簿”がTwitter上に流出。そこには、岡田氏が客員教授を務める大阪芸大の学生や、人気エッセイストの実名が記されており、それぞれ「巨乳度」「SEX好き度」「便利度……

続きを読む>>>

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク