[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

坂本昌行「嵐ずっと売れてるだろうね」、城島茂「島に妖怪が出た!」! 平家派の年明け

sigeru.jpg
そんな茂を松岡は心配してたんだから!

 光GENJIのバックダンサーとして誕生した平家派。2008年の『ザ少年倶楽部プレミアム』(NHK BSプレミアム)でTOKIO・城島茂、山口達也、国分太一、V6・20th Centuryの坂本昌行、長野博、井ノ原快彦によって再結成された伝説のグループだ。今回もそんな6人に関する1月の動向・話題を振り返っていこう。

★城島、水浴びで“妖怪”扱い&お灸をするも「コント」
 TOKIOが体を張る姿がウケている『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)。11日のSP放送では、DASH島の水路で給水テストを行っていると、下半身にタオルを巻いた城島が「よい年になりますように~! メンバーみんな元気でいられますように~!」と、願掛けの“滝行”を開始。ブルブル震えながら水場を離れる城島に、メンバーは「島に妖怪が出た!」(長瀬智也)「カッパだ!」(松岡昌宏)と言い放ち、大爆笑。

 25日の放送では「疲れが取れにくい」という城島が、お灸で疲労回復することに。綿のような“虫こぶ”を集めてお灸代わりに使い、クルミの上に乗せて目元にセット。しかし、風が吹いてお灸が顔や体に飛んでしまい、「アツっ! アツっ!」と大慌て。熱さが治まると「島ってこんなに色あざかやかったんや~。海キレイやな~」と、カミカミで“お灸効果”をアピールしていた。その後もビワの葉温灸でおなかを温めるも、お灸が高温になっていたのか、「もう結構熱い……。アツい! アツい!」と、水揚げされた魚のように“ピチピチ”する城島。下に敷いていたマットがお灸で燃えそうになってしまい、「燃えた時は砂!」と冷静に対処した後は「でも、疲れとれたわ!」と、スッキリ顔。ネット上では「コントにしか見えない」「リアクション芸人」「もはやダチョウ倶楽部」などと大ウケだった。

★山口、スタイリストに「袖いらない!」と要望してた
 “袖なし”の代名詞的存在となった山口。国分のラジオ番組『国分太一Radio Box』(JFN系、16日放送)ではリスナーからの「なぜ山口だけ衣装の袖がないのか」というお便りを紹介するも、ファンやネットユーザーとは温度差が違い、「オシャレじゃないっスか?」と、どうでもよさそうな国分。山口とは24年近く一緒いることもあり、「『山口くん、なんで袖ないの?』って聞ける? 聞けないでしょ!」と言いつつ、普段着については「冬はやっぱ長袖着てるよ。夏はTシャツかな。袖はあるよね」と、暴露。

 そして今度は山口のラジオ『TOKIO WALKER』(NACK5、18日放送)に「袖なし衣装、寒くないですか?」というメールが寄せられた。山口は「なんだろ? ここ最近、急に言われるようになったんだけども。振り返るとね、たぶんデビューしてからほとんど袖がないはずなんですよ」と、今さら騒がれていることが腑に落ちない様子。衣装を作る際はスタイリストからデザイン画を見せてもらうそうだが、山口は必ず「袖、どうしますか?」と聞かれて「いらない!」と答えるんだとか。最後には「袖、あった方がいいですか?」「今度、袖について番組にお便りお待ちしています」とリスナーに呼びかけていたのだった。

着実にドリフターズ後継者の道を歩む茂

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク