あの泥沼離婚劇に新展開

高橋ジョージ&三船美佳、離婚の黒幕は姑・喜多川美佳!? 同じ“美佳”の名を持つ母娘の結託

2015mifunemika.jpg
三船美佳オフィシャルブログより

 スポーツ紙による離婚危機報道後、“モラハラ夫”と“被害者妻”の構図となっていた高橋ジョージと三船美佳夫妻。29日発売の「女性セブン」(小学館)によると、離婚の決め手となったのは高橋の言動に愛想を尽かした三船の行動ではなく、三船の母親である喜多川美佳による“勧告”だったという。

 報道当初、高橋に対しては「行動を逐一メールで報告することを義務付けていた」「『お前は人間としての価値もない』とモラハラ発言を行っていた」など、次々とネガティブな報道が噴出していた。唯一、三船側の失態を衝いたのは「セブン」前号で、三船が若い男性と腕を組んで歩いていた、という目撃談のみ。

「27日発売の『女性自身』(光文社)は、高橋への直撃取材に成功。3月に離婚裁判を控えるため言葉数少なめの高橋でしたが、次第に『2つだけ話すよ』と心情を吐露。そこで明かされたのは、昨年、高橋と三船、喜多川がそれぞれお金を出し合い、夫婦の自宅のすぐ隣に喜多川のために新居を建てたということ。そしてその際に、喜多川と高橋が価値観の違いで揉め事が発生したということでした」(芸能ライター)

 高橋は、モラハラで苦しんでいるのにわざわざ自宅近くに、3人でお金を出し合って家を建てるはずがないと主張。さらにはすでに別居中だった昨年2月、仕事で顔を合わせた三船からは、離婚の話など一切出なかったこと、にもかかわらず4月に離婚調停の通知が届いたと明かした。その裏で、三船に指示を出していたのが、喜多川だったということだろうか?

「喜多川が三船を産んだ時期、父親である故・三船敏郎とは夫婦ではなく“内縁関係”だっただけに、世間から相当白い目で見られたようです。喜多川と三船母娘には、そんなつらい時期を共に乗り越えてきたという絆がある。喜多川美佳の本名は“大野照代”というそうですが、自分の芸名を娘につけるあたり、2人に強固なつながりを感じてしまいます。そう考えると、三船が喜多川からの“離婚勧告”に逆らうことができなかったというのも理解に難しくない」(同)

 一方で、三船自身も、少なからず離婚を意識する機会は増えていたのでは、という声も。

「テレビ番組では別ですが、2000年代後半頃から、三船は記者会見やイベントなどの席で、話を振られない限り、一切高橋の話をしなくなっていたんです。離婚の決定打となったのが喜多川の意向だったとしても、やはり夫婦の破綻は近付いていたではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 ここへきて“姑”まで参戦してきた離婚騒動だが、夫婦間で生じたはずのイザコザは、もはや法廷以外での解決を望むことはできないのだろうか。

これそのままご近所系マンガで採用可!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  13. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと