仮面夫婦どころじゃない!

国生さゆり、「結婚指輪は自分で買った」!? 元夫・甲田英司との“実体なき”結婚生活の闇

20150126kokusho.jpg
国生さゆり公式プロフィールより

 今月14日に詐欺容疑で逮捕状請求されたことが報じられ、21日に警視庁へ出頭し逮捕された国生さゆりの元夫・甲田英司容疑者。テレビ出演時には「何もわからない」としていた国生だが、両者に関する記事が、27日発売の「女性自身」(光文社)に掲載された。同誌の直撃に国生は「私が愚かだったと思います」としているが……。

 両者が結婚したのは2012年2月のこと。ところが翌月には早くも別居報道が飛び出し、13年9月の離婚直後には、甲田とはるな愛との“不倫疑惑”まで報じられた。

「記事によると、国生は結婚後、甲田との同居や夫婦の営みは一度もなく、甲田がどこに住んでいるかさえ知らなかったとのことです。また結婚披露宴は、甲田が『お金がもったいないから』という理由で断念、結婚指輪も甲田に購入を拒否され、世間の目を気にした国生が自ら買ったものだそうです。仮面夫婦どころか『自作自演』の結婚生活だったようです」(芸能ライター)

 甲田は結婚前の時点で国生への気持ちはすでに冷めていたが、交際宣言をしてしまった国生は後に引くことができなかったため、結果として愛のない夫婦生活を送ることになってしまったという。しかし甲田をめぐっては、かねてからマスコミ関係者の間でも「うさん臭い」と悪評が立っていたようだ。

「結婚前、甲田は日々ブログを更新しており、そこでは毎晩のようにパーティーを開き、さまざまな芸能人との交際が派手につづられていました。ロンドンブーツ1号2号・田村淳や狩野英孝、川崎麻世にmisonoなど、登場した芸能人は数十人にも及びますが、中でも話題になったのがNEWS・小山慶一郎。ジャニーズ所属タレントは『Webの写真掲載NG』という基本ルールを甲田は知らなかったのか、何の悪気もなく写真が掲載されていました」(同)

 そんな小山に限らず、甲田は芸能人脈の“アピール”に躍起になっていたようだ。

「パーティーに参加した芸能人のほとんどが『知人に誘われて来た』だけで、甲田の友人関係ではなかったようです。またパーティーには、次第にマスコミ関係者も参加するようになりましたが、仲良しをアピールしたいのか、とにかく芸能人とのツーショットの写真を撮影させていましたね」(同)

 また一方で国生についても、今回の記事に関して少々疑問点が残るという。

「記事の証言は、全て国生の友人というAさんによるものですが、あまりにも国生に寄りすぎの内容なんです。甲田との結婚前後、国生が『もっと私の名前を利用してビジネスをするべきよ!』と甲田に叫ぶ姿が目撃されており、そう考えると“仮面夫婦”は双方合意の元で行われていたはず。国生擁護に尽きる『自身』記事は、甲田との深い関わりを否定したい国生自身がリークしたのかもしれませんね」(同)

 甲田は現在容疑を否認しているというが、果たしてこの元夫婦はどこまでが“自作自演”なのだろうか。

キャスター小山の過去に思わぬしょっぱい経歴

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!