【掘り出し☆芸能放談】

ジャガー横田の夫はパンクロッカー、坂本冬美は梅干し検査員……有名人の意外な過去

20150123kinosihita.jpg
「愛のデュエット」/PONYCANYON INC.(PC)(M)

芸能マスコミの片隅で働く、茶飲み友達の女2人組が、インターネットの情報の渦に埋もれた芸能ネタを、頼まれもしないのにほじくり返す!!

A子……31歳 芸能誌編集者。美容オタクで芸能人の劣化・激太りには目を光らせている。松田龍平の大ファンで、ドラマ・映画は欠かさずチェック。
B美……28歳 人生の半分以上をジャニーズに捧げている、ジャニヲタ歴20年超の芸能ライター。今一番気になるアイドルはKis-My-Ft2・北山宏光。

A子 ねぇ、ちょっとちょっと! この前、ネットサーフィンしてたら、ジャガー横田の夫・木下博勝医師がパンクバンドのボーカルをやってたって話が出てきて、ビックリしちゃったんだけど!

B美 あぁ~、なんかそんな話聞いたことあるわ。今のあのお人好しそうな風貌からじゃ、全然想像つかないなって思った印象が。どんなバンドだったのかは詳しく知らないけどね。

A子 お人好しっていうか、のび太って言われてるよね。あ、Wikipediaにバンドのページがあったよ。「Tranquilizer」(トランキライザー)ってバンド名で、1980年代後期に活躍したバンドだって……これ、本当(笑)? 木下医師はボーカルだったみたいだね。「大量虐殺」「DON’T DO」「メドーサ(魔女の恐怖)」って、すごい曲名ばかりだね。でもこれさ~、曲名がずらーっと並んでて、改行されてないから、正式な曲名がわからないよね。

B美 「DON’T DO メドーサ(魔女の恐怖)」っていうタイトルの可能性も否定できないよ。「DON’T DO メドーサ」って口に出してみると、なかなか小気味いいね。どんな歌なのか、ちょっと聞いてみたい。

A子 あとさ、木下医師が18歳のときに学園祭でライブをやった映像を見つけたんだけど、見た目もインパクト大だった、缶バッチだらけの革ジャン着て、うっすら化粧までしてんのよ。忍者みたいな、アミアミの胸板が透けるインナーまで着てたよ。髪もトサカみたいに立ててるんだけど、全体的に長さが足りないのか、スカスカなのが気になったわ。なんていうか、トサカというより、伸びきった長い草みたいな。

B美 今は対照的に、こぶりなキノコヘアーがトレードマークだよね。そうだ、木下医師といえば、去年の春頃に不倫疑惑が報じられたっけ。愛人とのLINEまで流出しちゃって。会うのを拒絶されたら「予定をドタキャンするなら、キチンと理由を言え!」「僕をお人好しに思ってるのかな。または、あしながおじさんにでも、考えてるのかな」とか、ねちっこい文面を相手に送ってて、ドン引きだったわ。

A子 パンクから一番遠い場所にいる人の発言だね。このギャップはすごいよ。ちなみにバンド名の「Tranquilizer」は精神安定剤って意味ってことだけ付け加えとくわ。

ジャガー夫妻のデュエットソングも今となっては意外な過去

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 新春ジャニオタ放談
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 『カウコン』意外な舞台裏
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー