死亡説を乗り越えて……

清原和博、「逮捕ない」と警察関係者暴露!? 『5時に夢中!』熱烈オファーで復活の兆しも

danndou_kiyo.jpg
『男道』(幻冬舎)

 昨年、“薬物逮捕カウントダウン”とまで報じられた清原和博だが、ここ最近はその話もとんと聞こえなくなっているようだ。年末には、“死亡説”がマスコミ関係者の間を駆け巡っていたが、果たして薬物報道の行方は?

「去年クリスマス頃の話ですが、『清原が搬送先の病院で死亡したようだ』という情報が飛び出したため、マスコミ各社とも必死に裏取りに動いていました。どうやら都内の路上で倒れ、救急車で運ばれたということは本当だったようですが、すぐに退院したことが明らかになりました」(スポーツ紙記者)

 持病である糖尿病のため、かねてから通院していることが明らかになっている清原。先日は「アサヒ芸能」(徳間書店)でテリー伊藤のインタビューを受けており、やはり激痩せした理由を「お医者さんから、とにかく体重を落とさないとまずい、と言われました」としていた。

 健康に不安がささやかれる一方で、14年間連れ添った亜希夫人と離婚後は、自宅マンションを税金滞納のため差し押さえられ、ウィークリーマンションを転々としていると伝えられている。

「しかし最近になって、マンションの所有者が清原に戻っていることが確認されたようです。パチンコ営業に精を出さねばならぬほど金銭的に困っていると報じられていましたが、もともと清原のバックには、大手パチンコメーカー会長をはじめ、大物スポンサーの存在もあった。その関係も薬物報道により絶たれてしまったと思われていましたが、どうにか関係を修復したのかもしれません」(ワイドショーデスク)

 さらに逮捕報道に関しても、現在は風向きが変わってきているようだ。前出のデスクが続ける。

「マスコミと関係を持つ警察関係者から、内々に『当分逮捕はない』という情報提供があったそうです。実際に、薬物報道後に内偵捜査も行われていましたが、何らかの理由で逮捕は難しいという判断が下されたようです」

 なお清原は前出の「アサヒ芸能」で「こういうちゃんとしたお仕事をいただいたのは、テリーさんが本当に久々で」と発言しているが、「現在、清原に“熱烈オファー”を送っているのが『5時に夢中!』(TOKYO MX)。しかし編集が可能な雑誌インタビューならまだしも、生放送の情報バラエティとなるとどんなトラブルが起こるかわからない。清原のマネジメントは、安室奈美恵の元所属事務所の関係者が行っているのですが、出演は慎重にならざるを得ないようです」(同)

 カメラマンへの暴行や器物破損など、薬物以外にもたびたび“奇行”を報じられている清原。仮に逮捕はないとしても、果たして今年はどんな1年を送ることになるのだろうか。
(須田恭也)

テリー伊藤投入でキナ臭さは倍増してるけど?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  2. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  6. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  9. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  10. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  11. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  14. テレビとギャップありなジャニーズ
  15. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  19. GENKING、元カレ質問で大失態
  20. 松潤の飲尿プレイ疑惑にショック

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー