隠さない方が追われないのに……

ジョン・トラボルタの“ヅラなしで深夜3時に男漁り”写真が流出するも、子どもを盾に完全否定

JohnTravoltaselfy.jpg
「reddit」に投下された、額のさみしいジョンの写真

 ハリウッドを代表する大物スター、ジョン・トラボルタ(60)。男の色気あふれるセクシーな役どころが多く、女性ファンを魅了してきたが、大昔から同性愛者の疑惑が持たれている。2012年には複数のマッサージ師に「股間を触られた」「勃起したイチモツを見せられた」と告訴され、元恋人だという男性パイロットからも「80年代に6年間交際していた」と暴露され、窮地に追い込まれた。しかしジョンは、「みんなデタラメ。金目当てなんだ」と真っ向から否定し、どんなことがあっても疑惑は認めないという姿勢を貫いた。

 そんなジョンが、またも世間の関心を集めたのは先週のこと。深夜3時にロサンゼルスの24時間営業のジムに繰り出し、若い男性と撮影したセルフィー写真がネットに流出したのである。

 問題の写真は14日、海外版「2ちゃんねる」として知られる掲示板「reddit」に投稿されたもの。オレンジ色のTシャツを着た若い男性の後ろで、いつもより前額部が広いジョンがうれしそうに微笑みながら親指を突き立てている写真で、「3amのジムにいるのはオレ1人だけかと思ってた。そしたら、この男が現れて自己紹介したんだ」というコメントが添えられていた。

 「reddit」のユーザーたちは、「ジョンは、そんな真夜中になにをしていたんだ?」と注目。ジャンボジェット機を所有するほど裕福なジョンは、自宅にジムを持っているはずだと推測し、「わざわざ一般のジムに繰り出したのは、男が汗を流す姿を見たかったからだ」「男をひっかけようと、さまよっていたに違いない」と独自の見解を次々と書き込んだ。

 その後、大手タブロイド紙「ナショナル・エンクワイアラー」が写真の男性に取材したという記事を電子版に掲載した。同サイトによると、男性の名前はジャスティン・ジョーンズ(31)。既婚者で、妻の連れ子である2児の父親だという。ジャスティンいわく、ジョンは意味深なボディーランゲージで彼に近づいてきたそうで、「真っすぐにオレに向かって歩いてきて、“ハイ、オレはジョンだ”って名乗ったんだ」と明かした。

 ジャスティンはすぐに例のセルフィー写真を撮影し、15分ほどジョンと会話をしたそうだが、「オレがどこに住んでいるのか、結婚してるのか、子どもはいるのか、暇なときになにをしているのか、根掘り葉掘り聞いてきた」ため、気まずい空気が流れたとのこと。ジャスティンは、「自分の身になにが起っているのかはすぐにわかったよ。彼のボディーランゲージでね」とも語り、ネット上は「深夜3時にピチピチのTシャツを着てジムに繰り出し、運動もせずフレンドリーに話しかける男がなにを求めてるのか。ボディーランゲージなしでもわかるだろうに」と騒然とした。

岡田斗司夫「オレにはわかる、これは新しい家族の形だっ!」

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー