噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第254回】

安室奈美恵、円満独立のウラの“利権配分”と「育ての父」が語る美談の怪しさ

syujyo150120.jpg
「週刊女性」2月3日号(主婦と生活社)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 1月15日に発表された第152回芥川賞・直木賞。毎年ごとに盛り上がりに欠ける同賞だが、面白かったのが実況中継的につぶやかれる小谷野敦(候補→落選)のTwitter。「選考員が文学が分かってないやつら」「今回の候補作は俺の以外全部ダメだった」「電話かけてきて『残念だったね』とか言ってるやつがいる。そういう時は電話するもんじゃねえバカ」。同感。素敵、である。さらに後日「選考委員たちが乗った飛行機が無人島に不時着するという小説を構想している」だって。是非、読んでみたいです。

第253回(1/15~20発売号より)

1位 「安室奈美恵 “育ての親”からの最後の優しさと3つの条件」(「週刊女性」2月3日号)
参照「安室奈美恵 “育ての父”平哲夫社長が訣別の独占激白!」(「女性自身」2月3日号)
2位「桑田佳祐 『エッ、安倍首相来ていたの!? 知らなかった…』」(「女性自身」2月3日号)
3位「川崎麻世 “第二の愛人”が怒りの告発――『浮気を責めた私に逆ギレした彼は暴力を…』」(「女性自身」2月3号)

 1月13日、安室奈美恵の移籍が発表された。昨年からの独立騒動発覚以降、愛人の存在や洗脳騒動などがリークされるなどライジングによる安室バッシング工作が続いていたが、無事エイベックスへの独立が成立した。よかった、よかった! いちファンとしても一安心である。

 今週の「自身」と「週女」の2誌がこの独立騒動を取り上げているのだが、まずは「自身」。驚くべきことに、渦中のライジング平哲夫社長自らが登場しているのだ。これは異例のことだ。

 平は幼い安室を現在に至るまで育てた所属事務所社長だ。しかし平社長には過去、反社会的勢力との関係が取りざたされ、2001年には25億円ともいわれる巨額の脱税事件を起こし、2年の実刑を受けた人物でもある。そうした金が裏社会にも流れていたのだが、その原資は所属アーティストの稼ぎで、そのトップはもちろん安室だった。安室が次第に平に不信感を抱くのも当然といえば当然だった。

昭和芸能界を生きているかのような女・安室

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. キャラ変え好調の乙武洋匡
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  16. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決