実はペラったー!

「ASKAがサブレを袋のまま干してた」のりピー元夫・高相祐一の暴露に「完全に奇行」の声

chageandaska.jpg
『CHAGE and ASKA VERY BEST NOTHING BUT C&A』/ UNIVERSAL SIGMA(P)(M)

 2009年に元妻・酒井法子とともに覚せい剤取締法違反で逮捕された元サーファー・高相祐一氏が、19日に大阪でトークショーに出演した。事件後も一部で“薬物購入現場”が報じられるなど物騒な話題から逃れられずにいた高相氏だが、初の公の場では、病院で知り合ったというCHAGE and ASKA・ASKAをネタにするなど、やりたい放題だったようだ。

 各報道によると、酒井については現在も未練があるのか「僕の気持ちは当時と変わっていない」と明かした。現在も交流はあるそうだが、酒井に覚せい剤を初めて勧めた際の様子まで語っていたという。

 さらに話題は、昨年薬物で逮捕されたASKAにも及んだ。裁判後、ASKAは千葉県の病院へ直行したが、そこで高相氏と同室で生活していたことは、これまでも報じられていた。そこでのASKA様子について聞かれると、高相氏は「洗濯物を干す場所に、ココナッツサブレかなんかを袋のまま干していた。理由は聞けませんでした」と暴露。酒井の元夫だと挨拶したというが、「(ともに逮捕された栩内香澄美被告について)『彼女はやっていない』と繰り返していた」「(ASKAの性格は)少し天然」などと、言いたい放題だった。

「この“サブレ干し”に関して、ネット上では『完全に奇行』『幻覚症状が続いてる?』『まだラリってんのか』などと、ASKAの心身を不安視する声が出ています。さらに高相氏は、ASKAが現在静岡県内のリハビリ施設『ダルク』に身を置いていることまで暴露する始末。ASKAとは連絡先を交換して、高相氏が積極的に食事に誘っているという情報もありますが、こんな仕打ちを受けたASKAが食事会に出席するはずがないでしょう」(週刊誌記者)

 12年には都内の実家で、麻薬成分を含有する液体を所持していたとして逮捕(後に不起訴)されている高相氏。薬物との決別を表明しているASKAや酒井と比べると、反省の色が見えないと言われても仕方がないところだが、今回のような“リップサービス”が続くことは関係者にとって頭痛のタネとなってしまいそうだ。

この悲壮感ゼロ度、二代目シミケンに……?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー