その他
【ジャニーズ研究会レポート】

生田斗真の演技も好評ながら『ウロボロス』は11.5%、『流星の絆』で既視感アリ?

生田斗真の演技も好評ながら『ウロボロス』は11.5%、『流星の絆』で既視感アリ?

 生田斗真&小栗旬が、ヒットドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(フジテレビ系)から8年ぶりに共演することでも話題を呼んだ『ウロボロス』が、1月16日についにスタート。雑誌「オリスタ」1月19日号(オリコン・エンタテインメント)の読者1000人が選ぶ「期待の冬ドラマRANKING 2015」で1位を獲得するなど前評判が高かった同作品ですが、初回視聴率は11.5%とまずまずの結果に終わっています。  原作マンガ『ウロボロス 警察ヲ裁クハ我ニアリ』(神崎裕也、新潮社)を読んだ生田が、当時から小栗に「一緒にやりたいね」と語っていたという同作品。同じ児童養護施設で育った生田演じる龍崎イクオが刑事となり、小栗演じる段野竜哉は暴力団の若頭となって、法では裁けない悪を自分たちの力で裁いていくというユニークなスタイルの相棒(バディ)ものになっています。イクオとタッグを組むエリート刑事役で上野樹里、2人の上司に『花子とアン』(NHK)で人気を博した吉田鋼太郎、竜哉の動きを追う刑事に『半沢直樹』(TBS系)などでおなじみの滝藤賢一が登場するなど、演技派キャストが脇を固めて世界観がより強固なものになっています。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

生田斗真の演技も好評ながら『ウロボロス』は11.5%、『流星の絆』で既視感アリ?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!