NHK『花燃ゆ』プロデューサーが「イケメン揃えました」発言、「甘く見るな」「発想が安易」と批判殺到中

hanamoyu0119.JPG
NHK『花燃ゆ』公式サイトより

【日刊サイゾーより】

 NHK大河史上最低レベルの視聴率が続く『花燃ゆ』の制作サイドの意向に対し、ネット上で批判が相次いでいる。

 発売中の「女性セブン」(小学館)の新ドラマ特集において、『花燃ゆ』の製作総指揮を務める土屋勝裕プロデューサーが、「女性たちに見てほしい」との思いから、「そのための入り口の1つとして、イケメン俳優たちをキャスティングしました」とコメント。これに対し、ネット上では女性から「大河に求めてるのは、そういうことじゃない」「発想が安易」「視聴者を甘く見るな」という反論が飛び交っている。

 吉田松陰の末妹で、後に久坂玄瑞の妻となる杉文が主人公の『花燃ゆ』は、メインキャストに伊勢谷友介、大沢たかお、東出昌大、高良健吾、要潤、瀬戸康史といったイケメンを大量投入。4種類作成された宣伝用の2ショットポスターでは、「幕末男子の育て方……

続きを読む>>>

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク