はくだけで“骨盤ヨガ中”! ウワサの「骨盤整体ショーツ」が使える理由

yamamotoyuki-fly.jpg
山本優希オフィシャルブログより

 みなさん正月太り問題はもう解決しましたか? この時期は寒くて動くことがおっくうなため、なかなか脂肪が落ちず、お困りの方も多いかもしれません。かといって、おいしいものが多いこの季節、食事制限もつらいもの。つらい運動もご飯のガマンもナシで痩せる方法を探していたところ、便利そうなアイテムを見つけました。はくだけで下半身をすっきりさせてくれるという「フライビシット」です。

 この「フライビシット」は、なんでも今一番売れている“骨盤整体”ショーツなんだそう。いくらダイエットを頑張って痩せようとしても、骨盤が歪んでいると効果が出にくくなるのを知っていますか? 骨盤の歪みは恐ろしいもので、腰痛や肩こりだけでなく、下半身太りを引き起こしてしまうんです。しかし「フライビシット」はなんとはくだけで、骨盤ヨガ24回分の働きがあるというから驚き。その手軽さが評判となり、テレビやネットなどメディアで話題になっているんだとか。芸能人にも、グラビアアイドルの森下悠里、タレントの山本モナ、元モーニング娘。の市井紗耶香、女優の伊藤裕子、モデルの山本優希などたくさんの愛用者がいるみたい!

shouhin200.jpg

 「フライビシット」は骨盤を中心に全身の調整を行ってくれるので、体の不調和を改善して、バランスを整えてくれます。はいているとほどよい締め付け感で、骨盤の位置が整ってきているのを実感できるのだとか。両サイドからの圧力に加え、さらにヒップからのリフティング効果も期待できるんだそうです。通気性のよいレース素材でできているためアウターにも響かず、スリムな洋服を着ているときはシルエットをキレイにしてくれるのもうれしいところですね。また遠赤外線の生地は保湿効果もバツグン。この時期気になる冷えからも下半身を守ってくれます。そして骨盤矯正の下着にもかかわらず、デザインもブラックとピンクでとってもかわいいんです。これならいきなり気になる男性と一夜を……なんてことになっても、慌てなくてすみそう!

 今回ユーザーからの希望でL~LLサイズも新たに加わったそうなので、ますますたくさんの女性が「フライビシット」を体験できそう。そして今「フライビシット」を3枚注文すると、送料無料で二の腕の余分な肉をほっそりしてくれる「二の腕プラチナゲルマバーム」がもらえるキャンペーンもやっているので、初めての人も挑戦しやすいですね。

 どんなめんどくさがりさんでも続けられそうな楽々ダイエット「フライビシット」で、すらっとした理想の下半身を作ってみませんか? 溜め込んだ脂肪も、あっという間に解消できちゃうかも。

履くだけで理想のボディ“履くだけ”ダイエット「フライビシット」

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  12. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  17. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  18. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに