パト母のマリアは卒倒寸前!

シュワちゃんに尻振り、きょうだい同士も恋人に! サイラス家がケネディ家を攻略

MileyPatrick01.jpg
この写真を見たマリアの歯ぎしりが日本まで聞こえてきそう

 年々過激さを増していく歌手のマイリー・サイラス(22)と、「アメリカの皇室」と呼ばれる由緒正しきケネディ家の血を引くパトリック・シュワルツェネッガー(21)の熱愛が報じられたのは昨年11月頭のこと。まだ2カ月半しかたっていないが、連日のように2人の“ぶっとび恋愛事情”が伝えられ、異色大物カップルのゴシップに全米が注目している。

 交際発覚以来、「マイリーに勧められてマリファナを吸っているというのはウソ。パトリックはずっと前からマリファナ愛好家」「パーティー狂なのはパトリックの方」「スピード婚約した」「実はもう結婚してる」「妊娠しちゃってる」「妊娠したマイリーをパトリックが捨てた」など、次から次へとゴシップネタが飛び交っているが、うるさいマスコミを横目に2人は順調に愛を深めている。マイリーは、交際を祝福してくれたパトリックの父で俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーとも仲良く交流しており、公私共に充実した日々を送っている。しかし、2人の交際を苦々しく思い、大反対している人物も。パトリックの母で、インテリと厳粛を絵に描いたようなマリア・シュライヴァーである。

 マリアは、感謝祭のために帰省したパトリックに、マイリーと別れるようきつく言い、このまま交際を続けるなら金銭的援助は一切しないとまで宣告。「まともな娘と付き合ってほしい」と言い聞かせたという。しかし、パトリックは金よりもマイリーを選んだそうで、マリアは失意のどん底に落とされたとゴシップされている。

 そんな中、失意のマリアに追い打ちをかけるような報道が流れた。次女のクリスティーナ(23)がマイリーの弟でモデルのブレイズン(20)と交際中であることが公になったのだ。

 ひげを生やし20歳には見えないほど落ち着いた雰囲気のブレイズンは、2日にインスタグラムにクリスティーナと顔を寄せ合った自撮り写真を投稿。その翌日、彼女と寄り添う写真を投稿し、「やっと見つけた」という意味深なメッセージを添えた。米大手ゴシップ芸能サイト「TMZ」は14日、ブレイズンとクリスティーナが昨年12月から交際を開始した、と報道。サイラス家とシュワルツェネッガー家の絆がますます深まると書き立てた。

 その後、米芸能サイト「USウィークリー」が、消息筋からの「パトリックの2人の姉は、もともとマイリーの大ファン。弟がマイリーと付き合うようになり、クリスティーナも一緒に遊ぶようになった。そうしているうちにブレイズンと知り合い、意気投合。マイリーとパトリックが交際し始めて間もなく、彼らも交際するようになった」という情報を掲載。「マイリーとパトリックは、2人の交際を相思相愛だと大喜び。兄弟姉妹ぐるみの付き合いを楽しんでいる」と伝えた。

 マリアが発狂しそうなクリスティーナとブレイズンの熱愛報道だが、彼女の頭をさらに痛めそうな報道がもう1つ流れている。元夫のアーノルドが、マイリーにトゥワークしてもらったというものだ。

きょうだい同士の恋愛といえば、内舘先生のこの名作!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク